【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

これから営業職として働く予定の人、営業という仕事をもっと理解したいと思っている人に向けて、営業職の仕事のやりがい、身につく能力・スキルについて解説していきます。

また、営業職を続けた先に、どのようなキャリアプランを描くことができるのか、イメージしてもらえるよう、可能性のある将来の働き方についてもご紹介していきます。

1.営業マンの感じるやりがい

契約を獲得できたとき!

契約を獲得できたとき

営業のやりがいを感じる瞬間ランキングがあるとしたら、間違いなく1位になるのが契約を獲得できたときでしょう。新人営業マンはもちろん、ベテランの営業マンやトップセールスマンでも、契約を受注できた瞬間は「営業をやっててよかった!」と感じます。

また営業職で、ある程度キャリアを積めば、難易度の高い大型プロジェクトを一任されることもあります。より高い壁に挑戦し、契約受注につなげることができれば、自身の成長を実感できると共に、会社の成長をイチ営業マンが引っ張ることもできるのです。

お客様から感謝の言葉を頂いたとき!

お客様から「ありがとう」は、営業マンにとって何ものにも代え難い嬉しい言葉です。営業活動の主たる目的は、自社の商品・サービスをお客様に購入して頂くことですが、商品の販売を通じて、お客様の生活をより豊かなモノに変えることが営業マンの使命でもあります。

「あなたが担当で本当に良かった」

そんな言葉を頂くために、営業マンは頑張れているのです。

自己成長を実感したとき!

自己成長を実感したとき

入社したての新人営業マンの頃は、上司のサポートなしでは契約受注までこぎ着けることができず、またミスや失敗の連続で落ち込むときもあるでしょう。ですが仕事に慣れてくると、営業のアプローチからプレゼンテーション・契約獲得まで自分一人で処理できるようになります。

そして一人前の営業マンになれば、自身の強みを活かして営業したり、勝ちパターンが分かるようになったりと、以前は難しく感じた業務も難なくこなせるようになり、一歩ずつ階段を上がっていることに実感を持つことができるでしょう。

人脈が広がったとき!

営業は、名刺一枚でさまざまな業界の人と知り合う接点を持つことができる仕事です。また、会社経営者や総務のキーマンなど、自分の一回り年上のお客様の貴重な話を聞ける機会も多く、社会人としての知見を広めることも可能。

また、お客様の多くは、取引をするかどうか決断する時、営業マンが所属している会社や、販売している商品以上に、営業マン自身の人柄や人間性を見ています。つまり、受注につながったときは、ひとりの人として認められた証でもあります。「熱意に負けたよ!契約しよう!」と言われたときは、この上なくやりがいを感じる瞬間になるでしょう。

成果が給与に反映されたとき!

成果が給与に反映されたとき

会社によっては、ノルマを達成した営業マンに「達成金」として寸志を支給するケースや、営業成績に応じてインセンティブを付与し、賞与や給料として還元する場合があります。お金は生活する上で大事なもの。頑張った仕事の成果が対価として返ってくるのも、営業マンのやりがいのひとつです。

2.営業で習得できるスキル・能力

営業で習得できるスキル・能力

営業職を続けていくうちに、ビジネスマンとしてのスキルや能力はどんどん向上していきます。営業のやりがいを感じる項目でもご紹介した「自己成長を実感したとき」とは、具体的にどのような能力なのでしょうか。営業職で身につくスキルは以下のとおりです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、お客様との関係作りに欠かせません。細分化した能力を下記に記載しますね。

  • 意思疎通能力(お客様と相互理解・認識の共有を図る力)
  • 信頼関係構築力(お互いを尊重し合う関係を作る力)
  • ソーシャルスキル(対人関係を上手に営む能力)
  • ヒアリング力(お客様のこころを理解する力)
  • 質問力(質問によって情報・思考・意欲・行動を引き出す力)
  • 自己表現力(自分の考えや感情を相手に伝える力)

営業先のお客様は、職業や年齢・性格・役職・状態など、一人ひとり(各社)バラバラです。それでも営業マンは、相手と打ち解け、信頼関係を作り上げなくてはなりません。最初は上手くいかなくとも、お客様と向き合う姿勢を貫けば、次第にコツが掴めてきます。またコミュニケーション能力は、社会人としても必要なスキルなので、営業で能力を鍛えることができれば、職場の人間関係も上手く作ることができるようになるでしょう。

対人交渉スキル

商談のシーンでは、考えがまとまらず、買うべきかどうか悩んでしまうお客様もいます。そんな時はリーダーシップを発揮して、「購入しましょう!」とお客様の背中を押してあげるべき瞬間もあります。営業力と一括りに言っても、様々なスキルがあるのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…
  2. 【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

    【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

    冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。…
  3. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  2. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  3. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  4. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  5. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  6. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
ページ上部へ戻る