【社内の人間関係が最悪】職場の暗い雰囲気を改善する7つの方法

社内の雰囲気を良くする具体策7選

改善策

①若手・女性社員主催のレクリエーションを定期的に開く

普段、社内での立場が弱くなりがちな若手社員や女性社員が主催でレクリエーションを行うと、社内のコミュニケーション量が多くなり効果的です。上層部の方は「あれはダメ、それはダメ」などの否定的な発言を控え、むしろ協力的な姿勢を示すことが重要です。もちろん、なんでもオッケーでは厳しいと思うので、そのような場合は伝え方に気をつけて話すようにしてください。

レクリエーションの内容でオススメなのは、みんなで協力して行えるスポーツ。フットサルやチーム対抗ボーリングなど、仕事以外のことで共有できる部分を作ることが大事です。もちろん、飲み会なども良いのですが、普段行かないお店に行ってみたり、仲が良い人同士が座らないように席の配置に気をつけると効果的です。

②社内の不満を集めて改善策を社員から募集する

社員の不満を無記名で募り、一番多い不満から改善策を考える方法がオススメです。その改善策も上司は口を出さず、まずは社員の声を尊重して話を聞き入れるようにしましょう。まずは社員の改善策を実践し、あまり効果がなければまた場を設けて定期的に話し合うことが大切です。

③普段言えない感謝の気持ちを日々交代で発表する

朝礼や終礼時に感謝の気持ちを伝えることで、新たな絆が生まれます。自分の働きが人の役に立っていると理解でき、また直接感謝されたらもっと頑張ろうと感じるものです。照れ臭く伝えるのではなく、ストレートに気持ちを伝えるようにしましょう。感謝の言葉が一部の人に偏らないように、上司の方は「全社員の良い部分を発見する」という気持ちで普段接していく姿勢が大事です。

④社員個々とキャリアプラン面談を行う

あなたは上司として、管理している社員がどのようなキャリアプランを持っているのか、答えられますか?もし分からないのであれば要注意。あなたの部下は業務終了後にこっそり資格の勉強をし、転職を考えているかもしれません。

早急に面談をして、部下のキャリアプランを自社で実現できるように話し合いの場を設けてあげてください。もし、その部下の目標があまりに無理のあるプランでも否定してはいけません。その目標自体を是正したり、目標に近づくためのステップや達成までの年数を話し合って、実現できるようにすることも管理職の仕事です。

⑤社員の誕生日にちょっとしたプレゼントを

誕生日にプレゼントを渡すのは、社員の欲しいものを渡すから良いのではありません。だれしも、自分の誕生日を覚えていてくれると嬉しく感じるものです。職場は仕事をしにくる場所です。

まさかそのような場で自分の誕生日プレゼントをもらえるとは思いません。自分が大切にされていると感じます。プレゼントは、本人が欲しいものを渡す必要はありません。気持ちを伝えることが目的なのです。

⑥社内での挨拶を習慣化する

雰囲気が悪い職場では、社内での挨拶の数が著しく不足している傾向にあります。朝は「おはようございます」、昼は「お疲れ様です」、社員が外出するときは「いってらっしゃい」、帰社したときは「お帰りなさい」、帰るときは「お疲れ様です」などの言葉を、相手の目を見て笑顔で伝えることを心掛けてください。

⑦社内SNSを活用する

社内SNSを活用して、嬉しいニュースがあったときは共有しましょう。またそのニュースに対して、「おめでとう!」などのメールを全員が送ることを習慣化しましょう。硬化した職場では周りの社員が何をしているのか、情報が共有されていないケースが非常に多いです。周囲の人の頑張りを共有する風土を作ることが、活性化する上で大事なポイントになるでしょう。

今回は職場の雰囲気を改善する方法についてご紹介していきました。プラスの社内コミュニケーション量を増やすことが社内の雰囲気を変え、その結果、売上の上がる強い組織になるでしょう。「企業は人なり」という言葉もある通り、社員のモチベーションを高く保つことは成功の鍵となるでしょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…
  2. 営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    社外のお客様との接客や商談をするとき、あなたはマスクを着用していますか?営業マンのビジネスマナーとし…
  3. 無責任な上司の特徴と対処法

    無責任な上司の特徴と対処法

    管理する部署やチームの目標を達成する、パフォーマンスを最大化することは、管理職である上司の役割として…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  2. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
  3. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  4. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  5. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
  6. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
ページ上部へ戻る