内定先で入社前にアルバイトするメリットとデメリット

無事志望する企業から内定を獲得し、後は大学を卒業するだけとなった時期、内定した企業によっては「入社前にアルバイトをしないか」と誘ってくる場合があります。中には実質的に入社前研修を兼ねており、参加がほぼ義務に近いような場合もありますが、学生の本分は勉学であり、そうした学生の立場や身分を尊重する意味もあって殆どの場合、入社前のアルバイトは「任意」となっています。

では、内定先の企業の入社前アルバイトに参加した場合、どのようなメリットあるいはデメリットがあるのでしょうか。今回は内定先企業の入社前アルバイトへ参加する場合のメリット、デメリットについてそれぞれご紹介することに致します。

メリット①:社内の細かな配置などを憶えることができる

アルバイトとして働くメリットとしてまずあげられるのが、社員となるまでは通常立ち入ることが出来ない職場の中に立ち入りできるようになることです。

その結果、会社の各部署の配置を憶えることができたり、応接室や会議室、トイレや休憩スペースはどこにあるか、更にはコピー機がどこにあるか、休憩スペースや給湯室がどこにあるか等々を憶えることができるチャンスとなります。

どこに何があるのか良くわかっていない状態で入社日を迎える場合と、職場の配置等について憶えた状態で入社するのでは、気持ちのゆとりや安心感といった面で大きな違いが生じると言えます。

メリット②:仕事の流れや進め方を学ぶことができる

アルバイトとして任される仕事は、おそらく雑用が多いかも知れません。しかし、雑用であってもその会社なりの仕事のすすめ方や段取り、あるいはルールもしくはマニュアルに従って行うことが基本となります。

そのため、社員としての本格的な仕事ではなくとも、その会社の基本的な仕事のすすめ方やスタイルといったものの一部を、実体験を通じて学ぶことができるのも、入社前アルバイトを行う大きなメリットと言えます。

こうした経験があれば、新入社員研修時に実施されるOFFJTやOJT等においても指導者が説明している内容やポイントがよく理解できるようになりため、自信を持って仕事に臨めるようにもなります。

メリット③:先輩社員と人間関係を構築できる

アルバイトをすれば否が応でも指示を与える社員や、仕事の手伝いを行うことになる社員と顔見知りになることになりますし、コミュニケーションを図れば親しくもなれる機会ができます。

内定をもらった段階での内定企業の知り合いと言えば、OB訪問を行った大学のOBや人事部の担当者等に限られる場合がほとんどでしょう。アルバイトを行えば、内定先企業での知り合いや親しい先輩社員が増えることになりますので、この点も入社時の大きな安心材料となってきます。

メリット④:会社の雰囲気を掴める

学生の皆さんにとっては、社内が普段どのような雰囲気なのか、なかなかイメージしにくいと思います。アルバイトを経験すれば、働き出したらどのような態度で臨めばよいのか、一つ先輩の社員が上司と接している姿を見て参考にすることができます。

特に正式に4月に入社した際は、新しい仕事を覚えるのは当然、人間関係や敬語の使い方など環境の変化に戸惑ってしまうのは間違いありません。事前にアルバイトで雰囲気を掴んでおけば、気疲れを防ぐことができるし、社会人として良いスタートが切れるでしょう。

次のページでは内定前のアルバイトをするデメリットについて解説していきます!

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  2. 自分の性格を変える12の方法

    「できれば自分の性格を変えたいが、云10年以上にわたって築かれた自分の性格はそう簡単には変えられない…
  3. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
  2. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  3. 領収証はその字のとおり「領収を証する書類」ですので、正確でなければならない書類です。そのため本来ミス…
  4. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  5. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  6. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
ページ上部へ戻る