「受け取る・もらう」の正しい敬語【尊敬語・謙譲語】

ビジネスシーンでは様々な言葉の尊敬語や謙譲語が飛び交っており、正しく使用できていないと相手に「言葉遣いがなっていない」と思われてしまうこともあります。特に「受け取る」と「もらう」は名刺やメール、商品などを受け取ったり送ったりするときによく使用される言葉で、ビジネスシーンでは欠かせない言葉です。この「受け取る」と「もらう」の尊敬語や謙譲語はどのようなものが適切なのでしょうか。そんな難しい尊敬語や謙譲語について紹介します。

「受け取る・もらう」の尊敬語と謙譲語

受け取る謙譲語尊敬語

「受け取る」をビジネスシーンで使用する場合、どのような使い方がされているかというと、尊敬語の場合は「お受取りになる」や「お納めになる」となることが多いです。そのため、荷物を送った場合は、「商品をお受取りになってください」というように使うと良いでしょう。相手に商品を送ってもらい、それを受取るときは、「頂く」や「頂戴する」といった謙譲語を使用すると良いです。たとえば、「このような立派なものを頂きまして、ありがとうございます」のように使用することが多いでしょう。

それ以外の「受け取る・もらう」を表す敬語

「お受取りになる」や「頂く」以外にも「受け取る」と「もらう」を表す敬語は多くあります。たとえばメールなどで見る機会の多い、「査収」という言葉も敬語にあたり、「書類などをよく調べて受け取る」という意味があります。そのため、「資料を添付しておりますので、よろしくご査収ください」というように使うことが多いです。このときに注意が必要なのは、「よく調べて」というところで、日程の確認やすでに目を通した資料を送る場合には適さず、おかしな意味となってしまうため、その場合は「ご確認ください」などとするとよいでしょう。

次に「もらう」ということを別の敬語で表すのであれば、「賜る」という言い方があります。かなり丁寧な言い方となり、「上司に書籍を賜った」と使うこともありますが、丁寧すぎる言い方のため、硬すぎると思われてしまうこともあるかもしれません。

「受け取る・もらう」を中心に紹介しましたが、ビジネスシーンでは尊敬語や謙譲語を使用する場面は多いのではないでしょうか。尊敬語や謙譲語は使い分けや場面で使い方が変わるため、最初はなかなか大変かもしれません。しかし、正しい敬語を使えていないと相手に失礼な言葉を使ってしまうこともあるため、しっかりと勉強し、正しい文章や言葉遣いを使えるようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…
  2. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…
  3. 久しぶりの相手に送るメールの書き方【例文】

    久しぶりの相手に送るメールの書き方【文例付き】

    日常でやりとりするプライベートのメールと違って、独特のルールがあるビジネスメール。冒頭の挨拶文と文末…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  2. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  3. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  4. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  5. メガネは目が悪い人の実用的な道具であるとともに、顔の印象を変えることができる一つのアイテムです。最近…
  6. 飛び込み営業で再訪問のアポイントを取得する方法
    飛び込み営業は、初訪時(新規のお客様と初めて会うとき)に多くの場合、「うちでは要らない」「必要ない」…
ページ上部へ戻る