「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】

年功序列の会社はどんどん減っていき、現在では仕事の成果によってスピード出世したり、役職が決まる会社も増えています。こうした組織構造の変化により、自分の上司に年下の人間が抜擢されるケースも珍しくありません。それではあなたの上司が年下の場合、なんと呼べばよいのでしょうか。年下の上司の呼び方について考えてみましょう。

・呼び方の基本は「役職名」

役職付きの人の呼び方は、前述したとおり役職名で呼ぶのが基本です。それは上司が年下であっても例外ではありません。年齢では上司より年上でも、会社という組織の中では役職に則った呼び方をすることになります。

たとえば、「さん付け」や名前を呼び捨てで呼んでいた後輩が、社内の人事異動で上司になったとします。こうした場合も役職で呼ぶことがマナーとされています。ただ、会社の社風によっては役職で呼ぶことを禁止し、「さん付け」でもかまわない場合もあります。

・君付けはNG

上司が年下であることから「君付け」で呼ぶことも全くない訳ではありません。しかし、一般的に会社内で「君付け」をされることに良い感情を持つ人はそういないでしょう。礼儀を知らない人と思われたり、馴れ馴れしいと思わたれたりすることもあります。場合によっては上司にもかかわらず、下に見られているような感覚を覚えることもあります。相手に不快な思いをさせる呼び方はしないように心がけましょう。

「さん付け」「君付け」の使い分けは相手との関係性を築くマナー

職場で注意したい呼び方のマナーについて考えてみました。会社では年齢に関係なく役職者は役職名で呼ぶことが礼儀です。上司が自分より年下であろうと、仲が良かったとしても、例外はありません。また、同僚や同期・部下は「さん付け」で呼ぶのが無難でしょう。呼び捨てはもちろんのこと、「君付け」で呼ばれることを不快に感じる人は多数います。

新入社員の人はとくに悩んでしまう社内の人の呼び方、慣れてしまえば簡単ですね。同じ会社で働くビジネスマンとして、お互いに気持ちよく接することが出来るようにマナーに則った呼び方を心がけましょう。

ちなみに社外の取引先と話しているときに、社内の人間の名前を呼ぶ場合は、名字のみで呼びます。例えば「佐藤はただいま席をはずしております」などのように言います。場合によっては「部長の佐藤は~」といった表現でもかまいません。これは会話だけでなくメールなどにも通用します。基本的なマナーを押さえて、社内の同僚とより良い人間関係を築いてくださいね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…
  2. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  3. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  2. 当サイトですっかりお馴染みとなっています「非常に類似した用語の違いを説明する」シリーズとして、今回は…
  3. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  4. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  5. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  6. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
ページ上部へ戻る