「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】

「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】

職場には上司や先輩、部下など、役職の違う社員の人がたくさんいます。上司や先輩の名前を呼ぶとき、相手の呼び名にはマナーをわきまえて気をつけて話せていますか?またどういう呼び方が正しいかご存知でしょうか。ビジネスの場には、その場に相応しい呼び方があります。なんとなく目上の人だから「さん付け」で話し、部下には「君付け」で話してしまっている人も少なくありません。

しかし、お客様や取引先に対する呼び方のマナーがあるように、同じ会社内でもマナーに則った呼び方があります。相手に不快な思いをさせないためにもビジネスの場に相応しい呼び方を覚えましょう。

会社での人の呼び方

・上司

部長・課長など役職にある人は原則として役職名で呼びます。これは役職名そのものが敬称の意味を成すことに由来します。たとえば、佐藤さんという人が部長だったとしましょう。その場合、「部長」もしくは「佐藤部長」と呼ぶのがマナーとなります。ですが「さん付け」が丁寧な表現に聞こえると勘違いしてしまい、「佐藤部長さん」などと言ってしまう方もいますが、これは間違いなので気をつけましょう。また、会社によっては課長以下の役職者など、一定の基準で「さん付け」や「君付け」で呼ぶこともあります。上司や先輩同士の会話を聞いて、社内のルールや慣習に従って、呼び方を理解しておきましょう。

また、役職のある相手に社内メールを送らないといけないこともあります。そうした場合も敬称の付け方で迷うのではないでしょうか。「◯◯部長様」「◯◯課長様」と書くべきでしょうか。それとも「◯◯部長」「◯◯課長」だけでよいのでしょうか。簡潔に言えば役職に様をつける必要はありません。それは前述したとおり役職自体が敬称であるためです。役職にはくれぐれも様をつけないように気をつけるのもマナーです。ちなみに他社の役職者にメールする際には「課長 ◯◯様」と書きます。 役職、そして名前+様(敬称)という形になります。

・同期同僚

同期や同僚を呼ぶ場合は、原則として「◯◯さん」という呼び方をします。中には男性を「君付け」で女性を「さん付け」で呼ぶ会社もありますが、これはマナー上、男女平等という観点から見ると、避けるべき表現と言われています。

また職場には、名字で呼ばれる人もいれば、名前で呼ばれる人もいると思いますが、これはどちらの呼び方でも問題ないとされています。ただ、ビジネスマナーとしては、名字で呼ぶ方が好ましいといえるでしょう。また相手が同期の場合、呼び捨てにすることもあります。呼び捨てにする場合は、下の名前の方が親しみを感じ、周囲の人間に対しても印象が悪くならずに済みます。

・年上の部下

部下に対する呼び方も「さん付け」の方が良いとされています。これはたとえ部下が年上であっても失礼にあたらないので、ある意味、楽な呼び方と言えるでしょう。

会社や上司によっては、部下を呼び捨てにする場合もあります。上司と部下が親しい間柄の場合はさほど問題ありませんが、呼び捨てにされることで嫌悪感を抱く部下もいます。上司は、部下を管理する「役割」を会社から与えられているだけのこと。上司が部下に対して偉そうに振舞ってもいいという権限ではありません。同じ職場で働くビジネスパートナーとして、やはり「さん付け」が一番無難でマナーに則った呼び方といえるでしょう。

年下の上司の呼び方

年下の上司の呼び方

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【職場の雰囲気を変える】ムードメーカーの8つの特徴

    会社の売上が低迷しているとき、職場の雰囲気は沈みがちになってしまいます。しかしムードメーカーの存在は…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  2. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
  3. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
  4. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  5. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  6. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
ページ上部へ戻る