やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方


やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「家族を養うため」という切実な理由で、仕方なく今の職場で仕事をしている人も少なくありません。ですが、せっかく人生の大半を仕事の時間に費やすのであれば、満足して働ける環境を探したいものです。ところが今の仕事が合わないと感じたり、不満に思うことはあっても、残念ながら本当に自分がやりたい仕事は何かを見つけられずにいる人が大半を占めています。まずは、やりたい仕事が見つからない人が陥りがちな傾向を見ていきます。


◎やりたい仕事が見つからない人の特徴

やりたい仕事が見つからない人の特徴

①一人でひたすら考えて悩んでしまう

一人で悶々としても、同じ考えが堂々めぐりするだけです。誰かに聞いてもらったり、その道のプロに悩みを相談して、新たな自分を発見できることも少なくありません。あなたの真面目な悩みを解決できる手立てになるでしょう。

②やりたい仕事を見つけることに真剣になりすぎる

やりたい仕事を見つけることに意気込み過ぎて、ガチガチになっている状態です。そのような気持ちが悪いとは言いませんが、自分の好きなことや言われて嬉しい言葉はリラックスした状態で考えたほうがイメージしやすいでしょう。

③挑戦が苦手で、失敗を恐れてしまう

やりたい仕事を見つけるために行動したいけど、もし自分の求めていたモノとまったく違う結果になったらどうしよう…と考えてしまい、結局行動できずにいるケースです。失敗を恐れてしまっては、それが自分にとって良かったのか悪かったのかすらわかりません。

④どんな仕事がやりたいか、自分でも良くわかっていない

やりたい仕事が見つからない人の中で、実は一番多いのがこの特徴。「やりたい仕事が見つからない」と悩むのですが、具体的にどんな仕事か全くイメージができず、さまよっている状態の人が多いのです。これではいつまでたっても「やりたい仕事」に巡り合わず、ただ時間が過ぎてしまうでしょう。

⑤やりがいよりも勤務条件を先に考えてしまう

「やりたいと思える仕事がしたい!」と頭で思っていても、「給料は25万円以上欲しい」「週二日の休みは絶対確保したい」など勤務条件を優先してしまうパターンです。確かに、やりがいのある仕事ができていたとしても、生活が苦労してしまうのであれば、一歩踏み込みにくいのもわかります。


◎自分に合ったやりたい仕事の探し方をする

やりたい仕事を見つける
仕事を探すときに利用された転職方法は以下の順番になっています。

1位:転職サイト
2位:ハローワーク
3位:知人の紹介

オススメは転職時に利用した方法1位にもなっている「転職サイト」を利用することです。転職サイトを利用するメリットは、やりたい仕事を見つけたい転職希望者に豊富な求人案内をするだけでなく、転職希望者がどのような条件を求めて転職するのか、また仕事を通じて実現したいことはなんなのか、やりたい仕事を一緒に探すところからサポートしているサイトが多いから。また多様化する転職希望者のニーズに合わせた転職サイトが非常に多く、「第二新卒向け」や「営業職に強い転職サイト」など、さまざまな状況に合わせた転職が可能になっています。さきほど、やりたい仕事が見つからない人の特徴を上記しましたが、自分のスタンスを変えるのは非常に労力がかかるため、まずはやりたい仕事を見つけやすい転職サイトに登録するところから始めましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  2. 仕事のやりがいがない人に共通する10の特徴

    仕事に対してやりがいを感じれないという人がいますが、皆さんは如何でしょうか。もし仕事に対してやりがい…
  3. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  2. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  3. 「好きな言葉はなんですか」という質問も、面接での定番と言って良いほどよく聞かれる質問の一つです。では…
  4. 女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆる…
  5. ビジネスマンが会社を退職した場合には、会社での手続きだけでなく出来るだけ早めに自分で役所へ向かい、行…
  6. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
ページ上部へ戻る