自分に合う仕事を見つける4つの方法

現在取り組んでいる仕事が、本当に自分に合う仕事かどうか疑問に思ったり、自分に合っていないと悩む方は少なくないと思われます。仕事は、人生の大半の時間を占めるため、もし現在の仕事が自分に合わないとするなら、あなたにとって無駄に時間を浪費することになってしまいます。早期の解決が望まれます。

そこで今回は現在の仕事が自分に合うかどうか、もしくは「合わない」とお悩みの皆さんへの処方箋を解説して参ります。

自分に合った仕事が見つからない場合の大切な考え方

自分に合った仕事が見つからない場合の大切な考え方

(1)そもそもすぐに答えは出ない

日本には数千万人のサラリーマンの皆さんが日夜仕事を頑張っていますが、働くサラリーマン全員が現在の仕事を天職として受けとめている訳ではなく、むしろほとんどの人がやりたい仕事ができていない現実があります。

また、そもそも自分に合った仕事を、社会人がみな一様に就職活動を行う時期までに出せるものでしょうか。答えはノーです。人によっては定年退職を迎える時期を迎えて初めて、現在の仕事は天職だと気付けた人もいますし、答えを出せないまま現役をリタイヤされた方も大勢いるのです。

つまり、「自分に合った仕事」とは早々簡単に答えは出せないもの、長期間かけて答えを見つけ出すものであるとの認識や前提を持つことが大切です。

(2)住めば都、やり続けて理解できることもある

「住めば都」という諺もあるとおり、最初は「こんな所で」と考えた場所でも実際に住んで生活してみれば予想外に快適であり、楽しかったり地域に愛着が湧いたりすることもあります。ただし「住めば都」と感じるには一定の期間その場所に住んでみるという経験が必要です。

それと同じで、現在は「合っていない」と思える仕事でも、もうしばらくの期間仕事を継続していれば、「実は自分に合っていた」と思えることもあります。もう少し気長に現職について考えてみませんか。

(3)仕事と職場環境を分けて考える

職場の上司とそりが合わない、嫌いな先輩社員がいるといった人間関係や職場環境が「自分に合わない仕事」とすり替わってはいないでしょうか。職場環境や周囲の条件は仕事が合う、合わないとは別問題です。にも関わらず、周囲の環境だけで仕事への適性まで否定してしまう方が少なくありません。分けて考えることが大切です。

(4)最初からお金とやりがいの両方を追わない

仕事には段階があります。まずは仕事を覚え、モノにし、会社に貢献できるようになって初めてお金が後を追うように付いてきます。一人前になったかどうかは客観的な視点で考える必要があります。

自分では一人前にできると思っても、周囲がそれを認めなければまだあなたに足りない部分があるということ。自分に合っていない要素に「給料が少ない」という理由が含まれるなら、まずは誰もが認めるくらい仕事に没頭してみましょう。

自分に合う仕事の見つけ方4つ

自分に合う仕事の見つけ方4つでは、自分に合う仕事を希求する場合にはどうすれば良いか、皆さんへ4つの方法をお伝えしましょう。

(1)好きなことを整理して考えてみる

「仕事」を中心に考えてしまうとなかなか良い案が浮かばない方は、まずは「自分が好きなこと」を先に整理してみることから考えてみましょう。次に、その好きなことを仕事に結びつけるとしたらどのような仕事が考えられるかを検討すれば良いのです。

例えば、旅行が好きなら「ツアーコンダクター」という仕事が一つ考えられますよね。他にも「観光協会」に勤める、もしくは旅行雑誌を専門的に発行している雑誌社へ勤めるということも好きなことを仕事へ結びつける案になると考えられます。

このように好きなことを起点にそれに関わる仕事を考えれば、自分に合う仕事を探す上での近道にもなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  2. マイルストーンの意味と使い方

    カタカナビジネス用語の中でも頻繁に耳にすることの多い「マイルストーン」。今回はマイルストーンの意味や…
  3. 仕事で分からないことを上司へ質問する方法

    仕事に慣れていない新人であれば、仕事の取り組み方を上司や先輩に質問するのは日常茶飯事。仕事で分からな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  2. 2014年に発売されベストセラーにもなった「京セラフィロソフィー」こちらの本は京セラの会長でもあり、…
  3. 転職の面接試験に臨むにあたって、着用してゆく服装も重要な評価項目であることは改めて申し上げるまでもな…
  4. 日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたこ…
  5. 転職活動を行う場合に鍵となるのが求人情報をどのようにして得るかということですが、求人情報を得るソース…
  6. 大企業に在籍していながら、「自分の実力で勝負してみたい」といった理由等から敢えてベンチャー企業への転…
ページ上部へ戻る