かっこいいカタカナビジネス用語集10選

先輩社員が仕事のやり取りの中でさりげなく使うカタカナビジネス用語が「かっこいい」と思うことは誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。今回はかっこいいカタカナビジネス用語のご紹介と共に、使うときの注意点やマナーについてお伝えしていきます。

かっこいいカタカナビジネス用語集10選

かっこいいカタカナビジネス用語集

1.コンセンサス

コンセンサスの意味:意見の一致。合意。
用例:プロジェクトメンバー全員のコンセンサスが必要だ。

現代では仕事を進めるときに納得のいく説明、議論の上で合意を形成して着手するという姿勢が求められています。合意なしに進めていく方法は従来では一般的でしたが、長期的には不信感、交渉の決裂などの問題が表出してしまいます。長期的な視野を持って意思決定時にしっかりとコンセンサスを取っておくことをお勧めします。

2.アライアンス

アライアンスの意味:複数の異業種企業・集団・人が共通利益のために協力しあうこと。
用例:海外進出を成功させるために現地企業とのアライアンスが重要だ。

グローバル化の時代に海外進出する企業が増えていますが、その際には現地企業といかに協力体制を構築するかが成功の鍵と言われています。

3.コアコンピタンス

コアコンピタンスの意味:顧客・社会に対して他社には真似のできない自社独自の価値を提供する、企業の中核的な力。
例:産業グループでの価格競争が激化してきたので改めてわが社のコアコンピタンスを洗い直す必要がある。

企業の業績不振やトラブルなどが起きた時、改めてその企業の社会的意義や強みについて確認する必要があるかもしれません。プロセスばかりに着目することで本質的な目標がおざなりになるという「手段の目的の逆行」は組織が複雑化・巨大化するほど起こりがちなので、コアコンピタンスを定期的に確認する必要があると言えます。

4.コンティンジェンシー・プラン

コンティンジェンシー・プランの意味:起こりうる不測の事態、特に最悪の事態を想定して建てる計画、対処法。コンティンジェンシーは偶発性という意味。
用例:マーケット変動が不安定になってきたので念のためコンティジェンシー・プランを立てる必要がある。

コンティンジェンシーはもともと「偶発性」という意味で、市場・社会変動が活発になっていた現代はそのような偶発的要素が起こりうる、という意味で「不確実性の時代」という言葉が多用されます。また市場・社会変動の他に、大災害やテロリズムなどの大事件は仕事に影響を及ぼすことが考えられます。このような不測の事態まで含めたコンティンジェンシー・プランを確立しておくことで緊急時に慌てずに対処することができます。

5.シナジー

シナジーの意味:相乗効果。二つ以上のものが作用しあって効果や機能を高めること。
用例:異業種との共同プロジェクトがシナジーを生む。

異分野・異業種の共同プロジェクトが流行していますが、そこに「共通言語」「共通目標」がないとなかなか厳しいところもあるようです。しかしもし素晴らしい相乗効果が得られた場合には一人、もしくは一社だけではできなかったような偉業を成し遂げることができるとも言えるでしょう。この場合、シナジーを起こすためには最低限共通目標が必要であり、また持っている機能や能力の相性の良さが必要となるでしょう。

6.ナレッジ

ナレッジの意味:知識、知見。特にビジネスにおいては企業において蓄積しているあらゆる情報を体系的に可視化し、営業活動や経営活動に有益な知識を指す。
用例:過去の失敗例を蓄積してナレッジ・マネジメントに生かす。

ナレッジ・マネジメントでは成功した方法・事例にも増して「失敗例」が重要となります。これは過去の失敗を避け、改善案を考えるという意味で建設的な方法と言えます。やみくもに新しい仕事に取り組むのではなく、過去の失敗や成功事例を学ぶことで、成功への最短距離を描くことができます。

7.パラレル

パラレルの意味:同時並行的に。パラレルキャリアと言われる本業を続けながら週末を活用してボランティアを行う新しい働き方という意味でも多用される。
用例:期限が迫っているので2つのプロジェクトをパラレルに進めていく必要がある。

これは期限が迫っているので2つのプロジェクトを同時進行で進めていきましょう、という意味です。人によって、同時進行型の方が効率的に進められる場合、1つ1つプロジェクトを進めていく方が効率的に進められる場合が分かれると思います。ご自身の思考・仕事の癖を知ることで、より効率的な仕事ができると考えられます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自分の糧にできる嫌いな上司との付き合い方7選

    仕事をしていると、職場内で嫌いな人や苦手な人が1人や2人はいるものです。そして、そんな嫌いな人に限っ…
  2. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…
  3. 就活・転職の面接で好印象を与える逆質問例

    面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  2. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  3. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  4. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
  5. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  6. 会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です…
ページ上部へ戻る