上司に評価されない部下、部下に評価されない上司の特徴

上司に評価されない部下、部下に評価されない上司の特徴

上司に対する不平不満に、部下の愚痴。夜の居酒屋に行けば、掃いて捨てるほど転がっている、上司と部下のすれ違い。上司に評価されない部下の特徴は?また、部下から信頼されない上司の問題点とは?上司と部下、それぞれの立場から職場で評価されない人物の特徴をまとめてみます。

上司に評価されない部下の5つの特徴

上司に評価されない部下の5つの特徴

1.意識高い系

夢や目標だけは一人前なのに、目の前のやるべきことをやっていない。そういう部下、増えていませんか?若い世代は「ゆとり世代」と一言で片付けられがちですが、ゆとり世代は、考えと経験が結びついていないこともしばしば。行動が空回りしていたり、自分のことは棚に上げて周囲の欠点を指摘したりする言動があらわれてしまうと上司や同僚の目が厳しくなってしまいます。

理想が高いのはとても良いことです。ただ、それに向かって努力できていないことが問題です。「生意気なやつ」と上司に思われてしまっては、仕事もどんどんやりづらくなっていくでしょう。大きな理想は心に秘め、地道にコツコツと仕事の実績を積み上げていくことで、自分の存在感をアピールすることがポイントです。

2.すぐに甘える

能力不足や体調不良をアピールして、嫌な仕事を避けようとする部下。上司にとって一番厄介かもしれません。どうにかズルをしようと思っている確信犯なので、自分の弱みをアピールすることを恥ずかしいと思いません。

もちろん納期に遅れそうになったり、1人ではとてもさばききれなくなったら、上司に相談することは大切です。しかし、仕事を振られそうになると何かに理由を付けて面倒なことを避けようとするのは、部下としての信頼を失ってしまいます。普段はテキパキと働き、ときに甘えることで上司に「かわいいやつ」と思われる場合もあります。基本的には職場で依存するような態度はタブーです。

3.マイペースすぎる

言われたことはきちんとこなす。仕事も丁寧。しかし、会社や職場全体の動きが見えていないので、ときにお荷物状態になる部下、いませんか?

目の前の仕事を着実にこなすことはもちろん大切です。ですが、自分の世界に入り込んで、先輩や同僚がシビアな局面にいることがわかっていないのは職場の一員として問題です。

上司がこれからどう仕事を運ぼうとしているのか。会社としての方針と実績との開きはないか。自分の仕事を自分のペースで取り組もうとする部下は、やがて会社の流れから置いて行かれます。上司にとっては部下が自分の動きを察知してくれていることを望んでいるからです。

4.嘘をつく

上司にありのままを報告したら怒られると思い込んで、嘘をついて誤魔化したり、報告をしない部下は、たとえ成果を上げていたとしても評価されません。社会人として、嘘をつく行為は致命的であり、誰からも信用されなくなります。仕事は自分一人で完結できるものではないため、嘘が原因でトラブルが発生すると、所属している会社やお客様に迷惑を掛けてしまいます。誠実であることを心掛けて仕事と向き合いましょう。

5.自分のやり方を貫こうとする

上司から指示された仕事を、勝手に解釈して取り組んだり、注意されても素直に従わない部下は、上司に評価されません。生産性や効率を意識してやり方を工夫するのは悪いことではありません。ですがその方法が原因となって周囲に迷惑を掛けたり、自分本位になりすぎると、当然成果も上がらず、評価もされないため、注意しましょう。

部下に評価されない上司の5つの特徴

部下に評価されない上司の5つの特徴

1.部下の成果を横取りする

自分のアイディアや企画書を上司の名前で上に報告して、自分の実績にしてしまう。またほとんど関与していないのに、自分のお陰で成果を上げたと報告する上司がいます。こういうズルい上司は、部下の仕事の進捗に目を光らせ、成果を上げる前に近づき、寄生虫のように取りつきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    仕事帰りに「ちょっと一杯飲みに行くか!」と部下を連れて飲みに行くのはよくある光景です。部下や後輩との…
  2. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…
  3. 口答えはNGか【上司に言い返す時の上手い伝え方】

    口答えはNGか【上司に言い返す時の上手な伝え方】

    上司に怒られたことに納得がいかず、感情的になって口答えしてしまったことのある人はきっと少なくないと思…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  2. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  3. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  4. トップ営業マンはトップの営業成績を生み出すために仕事の進め方において様々な工夫をこらしているものです…
  5. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  6. 組織の中には様々な業務がそれぞれの部署によって行われています。例えば営業部であれば営業活動を行うこと…
ページ上部へ戻る