会社の慶弔休暇(結婚・葬式)は何日?

結婚や出産などのおめでたいときや、近親者の死亡といった悲しい出来事があった場合に使用できる慶弔休暇(けいちょうきゅうか)。社会人として働く中で度々起こることではありませんが、いざという時に助かる休暇制度です。実は慶弔休暇は、それぞれの会社の規則によって取得できる日数が違います。今回は不測の事態に困らないように、慶弔休暇について解説していきます。

慶弔休暇とは

慶弔休暇とは、自分自身や近親者の結婚・出産(慶事)、近親者の死亡による葬式(弔事・忌引)が行われる場合に、社員が取得できる休暇のことです。慶弔休暇は多くの企業で制度化されていますが、実は法律上、必須の休暇制度ではありません。そのため、会社が独自に設定する任意の「特別休暇」となります。

慶弔休暇で取得できる日数例

慶弔休暇の休暇日数は、会社によってさまざま。結婚休暇なら何日、弔慰休暇なら何日といった法律が定められているわけではないため、注意が必要です。しかし、一般的には以下のような休暇日数が多いと言われているので参考にしてください。

お祝い事の特別休暇

  • 結婚休暇:5日
  • 子供の結婚休暇:2日
  • 配偶者の出産休暇:2日

弔慰(ちょうい)休暇

  • 一親等(父母、配偶者、子供)が死亡した場合:5日
  • 二親等(祖父母、配偶者の父母、兄弟姉妹)が死亡した場合:2日
  • 三親等以上は、会社の就業規則により異なる
  • 遠縁の親族が死去した場合:1日

慶弔休暇の注意するポイント

上記はあくまで一般的な日数のため、不安な方は自社の就業規則を見直しておきましょう。もし慶弔休暇の記載がそもそもなければ、慶弔休暇自体が存在していない場合もあります。そのときは有給休暇を使用するという規則かもしれないので、社内の総務担当者や人事労務担当者に確認しておきましょう。

さいごに

結婚や妊娠などのおめでたい機会は、その人にとって人生のターニングポイントになる出来事です。また近親者が亡くなったときは、お葬式がその人に会える最後の機会となります。そのような大事な場面に立ち会うためにも社内の慶弔休暇制度を事前に調べておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「思い」と「想い」の意味・違い

    「思い」と「想い」の意味・違い

    日本語には多くの同音異義語がありますが、一見同様に見える言葉にも、日本語には「微妙なニュアンス」の違…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  2. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  3. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  4. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  5. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
  6. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
ページ上部へ戻る