忌引きで会社から休暇をもらうときの連絡マナー

親族に不幸が生じたため会社を急に休まなければならなくなることは、そう多くはありませんが長いサラリーマン生活の中で誰もが一度以上は経験することになるものと言って良いでしょう。ところがそうした不幸は予め期日が明確にわかるものではなく、ほとんどの場合突然その日が訪れることになります。それだけに急な対応が迫られるのは仕方がないことですが、緊急時であっても、否、緊急時だからこそ社会人として最低限のマナーは守りたいものです。そこで今回は、忌引きで会社を休まなければならなくなった場合の「連絡」におけるマナーについてご紹介いたします。


就業規則等を事前に確認しておく

冒頭でお伝えしたとおり、忌引きで会社を休まなければならなくなる事態は突然生じる場合が多い上、悲しみだけに浸れる訳ではなく通夜や葬儀と親族は慌しい状況になってしまいます。そのような状況でもできるだけ慌てずに済む方法としては、今から就業規則等に目を通しておき、忌引きが必要となった場合にはどのような連絡や手続きを行えば良いか、予め理解しておくことです。

例えば忌引き休暇を取得するにはどうすれば良いか、いつを起算日として何日間程度忌引き休暇扱いとしてもらえるか等会社によって異なってきます。こうしたルールや規則を理解しておけば、突然その日が訪れても慌てず行動できますし、またルールに基づいた行動をとることは会社との連絡における適切なマナーの実践にもつながってきます。


休日や深夜等、業務時間外に訃報を知らされた場合

親族の訃報は会社の業務時間中とは限らず、休日や深夜といった場合もあります。それを踏まえた連絡方法を検討しておくことがマナー上必要です。例えば社内システムとして、ネット上でそうした事態を申告できる制度があるならそうした手続きを一次的に行っておきます。次に上司が出社するタイミングで電話連絡を入れ、直接事情を伝えることが肝要です。仮に始業時間が午前9時であり、いつも上司は8時半頃出社しているなら午前9時を迎える前に連絡を入れた方が望ましいと言えます。

また、直属上司が出張中で連絡が取れないといった場合にはこの点も就業規則を踏まえることが肝要ですが、総務部等の休暇を管理する部署、もしくは更に上の上司へ連絡をして指示を仰ぐと良いでしょう。


必要な対応事項や引き継ぎ事項についても改めて連絡を

繰り返しとなりますが、忌引き休暇を取得しなければならない状況は突然生じる場合が殆どです。そのため、例えば当日クライアントのもとへ訪問する予定があったとか、来客予定があるといった場合には、外部にまであまり迷惑が及ばないよう迅速に対応する必要があります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. テレアポのコツ10選【法人営業編】

    法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  2. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…
  3. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  2. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  3. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
  4. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  5. 無事志望する企業から内定を獲得し、後は大学を卒業するだけとなった時期、内定した企業によっては「入社前…
  6. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
ページ上部へ戻る