打たれ強い人の7つの特徴

打たれ強い人の7つの特徴

打たれ強いという言葉には、長所と短所の両方の意味合いが含まれています。例えば、打たれ強いという言葉は、気が強いということを表すこともあれば、自己主張が強いことを表すこともあります。このような語源は、就職の面接の場では、長所として働いてくれるかもしれませんが、お見合いの場などでは、気が強いということで、敬遠されてしまう可能性があります。そのため、気が強いと表現するよりも、辛抱強いという言葉もありますので、状況に応じて利用していただきたいと思います。それでは、打たれ強い人の特徴について解説していきます。

打たれ強い人の7つの特徴

他人の意見に流されない

打たれ強い人というのは、他人の意見を気にしたりしません。他人の意見よりも、自分がどのように思うのかということを、意識の中心に置いています。そのため、他人に傷つけられるということがなく、様々なことに打たれ強い性格になります。

失敗を気にしない

業務上で失敗をしてしまったとしても、長時間引きずるということをしないのが、打たれ強い人の特徴です。起きてしまった現実というのは、変えることができないことを理解したうえで、未来という瞬間に全力を出すことを考えています。そのため落ち込む期間というものが短く、気にしているかもしれないと思い話しかけると、全く気にしていないということが多々存在します。しかしながら、業務上において全く反省しないというのは、良くありません。反省するべきところは、しっかりと反省したうえで、次の行動に移していきましょう。

鈍感である可能性がある

打たれ強い人というのは、周囲の物事に対して、あまり気にすることがありません。例えば、誰かが自分に対して批判的な発言をしているとするでしょう。打たれ強い人というのは、批判的な発言をしていることに気がつきません。もし、批判的な発言をされたとしても、「自分に何か原因があるのであれば、仕方のないことだ。」と納得し、それ以上のことを考えません。そのため、一般的な人よりも、感情移入しない傾向があります。この精神状態というのは、鈍感というよりも、そのように自ら精神を訓練していると考えることが正しい認識でしょう。批判的な発言をされて、何も思わない人はいません。しかし、打たれ強い人は、必要以上の感情移入をしないため、様々な物事において感情的になることがないのです。事実を事実として受け止めた上で、どのように行動するかが意識の中心に来ているということです。そのため、現状でやるべき課題に対して、圧倒的な集中力を発揮できます。

思考が前向きであり、1つの物事にとらわれない

大きな失敗をしてしまい、大きな責任を背負わされると、誰しもがへこみます。しかしながら、そこからどのように、考えることができるかで、人生というものは大きく変わります。打たれ強い人というのは、いつまでも失敗にとらわれず、前向きに行動できるという特徴があります。なぜ失敗を気にしないのかというと、自らを失敗から解放するための考え方があるからです。例えば、このようなものです。「人生、生きていれば、こんなこともあるよな。これから、何十年と生きるのだから、これぐらいの一瞬の出来事を、気にする必要は全くない。」このように、常に別のことに意識を向けているので、実際に起きた出来事に対して、距離を置きながら見つめることができます。

人生の優先順位が決まっている

打たれ強い人というのは、人生で優先すべきものが決まっています。優先すべきものが精神力を鍛えるためなのであれば、「絶対に不平不満を言わない。」ことや、「自分の精神に対して、常に厳しくあること。」などがあるでしょう。打たれ強い人には、そのような絶対的基準がありますので、そのルールから外れて、精神的に落ち込み続けたりすることが絶対にないのです。どのようなことが発生したとしても、絶対的な基準に照らし合わせて、問題を効率良く解決していきます。

守りたい大切な人がいる

打たれ強い人というのは、守らなければならない大切な人がいるものです。それは両親であったり、奥さんであったり、子供であったりすることがあります。大切な人のためであれば、下を向いている暇がありません。常に前だけ見て、全力で進み続けなければならないのです。絶対に幸せにしてみせるという感情が、打たれ強さを生んでいるということです。

諦めることが全くない

打たれ強い人というのは、何度失敗しても諦めるということがありません。そもそも、失敗することを全く恐れないのです。失敗を恐れず、諦めることがないため、常に努力された状態が継続されることになります。そのため、非常に早い段階で成長し、多種多様なことを吸収していきます。一定の成果を出すためには、作業を継続するということが非常に大切です。どれだけ失敗しても諦めない、打たれ強さは、様々な場面で役立つでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…
  2. 日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人でありながら日本語を間違って使用していることは実はそんなに少なくありません。今回紹介する言葉の…
  3. 営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    入社した会社で営業職として働くことになった場合、ビジネススーツの着用が必須といえます。営業マンは社外…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  2. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  3. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  4. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  5. 上司や取引先から返事が来ないときに催促をスムーズに行う方法
    取引先や上司に、依頼や質問をしたのになかなかその返事が来ないときの対処法について述べます。友人や家族…
  6. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
ページ上部へ戻る