就活や転職で内定取り消しされる5つの理由

「就活や転職で勝ち得た内定が取り消される・・・」

通常はあり得ないことなのですが、全くないかというと、必ずしもそうとは言い切れません。ではどのような理由で、通常あり得ない内定が取り消されるという事態が生じるのでしょうか。内定取り消しの可能性が生じる5つの理由について、今回ご紹介することに致します。

①(就活)卒業予定だった大学で留年が確定した場合

この理由なら、就活生の皆さんなら最も合点がゆく理由と言えるのではないでしょうか。企業側は大学生がちゃんと卒業することを前提に「卒業見込み者」として内定を提示しています。

にも関わらず、卒業が果たせず留年となれば、企業側が約束を破ったのではなく学生の方が約束を破ったことで契約条件が満たされなくなりますので、内定が取り消されるのは至極当然と言えます。

従って大学生諸氏はくれぐれも単位不足で卒業できないといた事態を招かないよう、内定獲得後は大学卒業に向けて単位習得等に専心してください。

②本人が申告していた内容に重大な相違や虚偽があった場合

本人が履歴書や職務経歴書等を通じて書面で申告していた情報と重大な事実相違や虚偽があった場合にも、内定を取り消されることがあります。

例えば卒業した大学や学部を偽っていた、勤務経験のない企業に勤めていたと装っていた、資格を取得していると申告していたのに実際は取得していなかった等々です。

特に有資格者しか業務を行うことが許されなない業務独占資格や、各事業所等に配置することが義務付けられる必置資格で虚偽が判明した場合、内定取り消しだけでは済まず、状況次第では損害賠償請求を企業側からされる可能性すらあります。

③犯罪や公序良俗に反する行為を行った場合

内定後に犯罪を犯した場合や、犯罪ではないけれども多くの人に迷惑をかけるような行為や、公序良俗に反するような行為を行った場合にも内定を取り消される場合があります。

例えば女性の場合、アダルトビデオに出演したり、性風俗店でアルバイトを行ったりする行為は犯罪ではありませんが、そうした行為が発覚すれば内定取り消しもあり得ます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…
  2. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…
  3. 社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    電話応対に関するマナーを知っておくことは、社会人としての基本中の基本といっても過言ではないでしょう。…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  2. 高品質な仕事をやりとげるには頭や体をフル回転させる必要がありますが、人間である以上24時間仕事ができ…
  3. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
  4. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
  5. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  6. 学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょ…
ページ上部へ戻る