就活や転職で内定取り消しされる5つの理由

「就活や転職で勝ち得た内定が取り消される・・・」

通常はあり得ないことなのですが、全くないかというと、必ずしもそうとは言い切れません。ではどのような理由で、通常あり得ない内定が取り消されるという事態が生じるのでしょうか。内定取り消しの可能性が生じる5つの理由について、今回ご紹介することに致します。

①(就活)卒業予定だった大学で留年が確定した場合

この理由なら、就活生の皆さんなら最も合点がゆく理由と言えるのではないでしょうか。企業側は大学生がちゃんと卒業することを前提に「卒業見込み者」として内定を提示しています。

にも関わらず、卒業が果たせず留年となれば、企業側が約束を破ったのではなく学生の方が約束を破ったことで契約条件が満たされなくなりますので、内定が取り消されるのは至極当然と言えます。

従って大学生諸氏はくれぐれも単位不足で卒業できないといた事態を招かないよう、内定獲得後は大学卒業に向けて単位習得等に専心してください。

②本人が申告していた内容に重大な相違や虚偽があった場合

本人が履歴書や職務経歴書等を通じて書面で申告していた情報と重大な事実相違や虚偽があった場合にも、内定を取り消されることがあります。

例えば卒業した大学や学部を偽っていた、勤務経験のない企業に勤めていたと装っていた、資格を取得していると申告していたのに実際は取得していなかった等々です。

特に有資格者しか業務を行うことが許されなない業務独占資格や、各事業所等に配置することが義務付けられる必置資格で虚偽が判明した場合、内定取り消しだけでは済まず、状況次第では損害賠償請求を企業側からされる可能性すらあります。

③犯罪や公序良俗に反する行為を行った場合

内定後に犯罪を犯した場合や、犯罪ではないけれども多くの人に迷惑をかけるような行為や、公序良俗に反するような行為を行った場合にも内定を取り消される場合があります。

例えば女性の場合、アダルトビデオに出演したり、性風俗店でアルバイトを行ったりする行為は犯罪ではありませんが、そうした行為が発覚すれば内定取り消しもあり得ます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 一般事務職への就職・転職に有利な資格3選

    一般事務職への就職・転職を目指す場合、採用に有利な資格はあります。特に事務の実務経験がない方は、事務…
  2. 上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    いつもお世話になっている上司宅に食事に招かれるという時、当然、手ぶらで伺うわけにはいきません。ですが…
  3. 転職の面接で気を付けるべき9の項目

    面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 社会人として入籍や結婚の報告を行うにはタイミングとマナーがあり、これを守らないと大変失礼に当たること…
  2. 営業にとって「新規開拓」がとても重要であることは改めて言うまでもありません。しかしながら、大変難度が…
  3. 会社の印鑑に「角印」と「丸印」があることはご存知でしょうが、皆さんはこの二つの印鑑の用途の違い等につ…
  4. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  5. 証券会社のリテール営業を辞めたいと思うときの6つの理由
    私は大学を卒業後、新卒で証券会社(東証一部上場)に5年間勤務した過去があります。入社当時は、この会社…
  6. 効率的に仕事を進める改善方法と優先順位のつけ方
    他の人は定時に帰宅しているのに、自分だけ毎日遅くまで残業している 仕事が遅いといつも上司か…
ページ上部へ戻る