部下から信頼される上司の特徴7つ

上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えることかもしれません。ともすれば部下に厳しく指導しなくてはならない立場である上司という存在は、部下から嫌われやすく煙たがられる存在であるとも言えます。しかし部下からの信頼も厚く、頼られる上司も世の中には沢山います。ここではそんな部下から頼られる上司に見られる7つの特をご紹介していきたいと思います。あなたは以下の項目にいくつ当てはまっていまでしょうか、部下から頼られる上司になるためには、どんな上司であるべきなのか来るべき将来に向けても、どんな上司となるべきかを知っておくようにしましょう。


頼られる上司の7つの特徴

①:常に先頭に立って結果を出す

口だけの上司ではなく、自分自身が先頭に立結果を残す上司は、やはり説得力があります。上司は立場上、自らが結果を出す役割を担うわけではありません。部下を育成し、チームのマネジメントを主にすることから、自らが先頭に立つことを嫌がるタイプの上司も多いはずです。口だけではなく、自ら行動を見せることは部下にとっても信頼に繋がり、そのような上司の発言には説得力があります。口だけではなく結果で見せる上司は、頼りがいがあると映るはずです。


②:部下の立場を理解してくれる

上司としての自分の立場だけでなく、部下の立場に立って物事を考えてくれることは大きな要素となるはずです。上司としての立場から、どうしても物事を上から見てしまい、そのような発言も多くなる傾向にありますが、やはり上からの一方的な発言は部下にとって受け入れがたいケースも多くあります。上司としての上からの目線ではなく、部下の目線で考え理解してくれる上司は、部下にとっても信頼できると感じる要素となるはずです。


③:責任感がある

部下の責任は上司の責任、責任感のある上司には頼りがいを感じます。部下を管理する立場であることから、成功も失敗も全て上司の責任であることをしっかりと理解し、そのような行動を取れているかどうかは重要です。失敗は部下の責任にして手柄を自分のものにしようとする上司が嫌われる上司であることからも、やはり責任感は頼りがいにも大きく影響することが分かります。


④:自分に厳しい

上司は部下に厳しく指導する立場でもありますが、部下には厳しくあたるものの自分には甘い、そんな上司もいたりします。そのような上司は言うまでもなく頼りがいがあるとは言えません。部下に厳しくも自分自身にも厳しい、そんな上司であることが理想です。上司、部下に関わらず、自分自身に厳しい人は信用できる印象を与えがちです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見…
  2. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…
  3. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
  2. 銀行員は仕事に対する正確性や対外的信頼性が特に求められる職種ですから、専門的知識を有している証しとな…
  3. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  4. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  5. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  6. 腹黒い人の6つの特徴と対処法
    あなたの周りに「腹黒い」との評価を受けている人はいませんか?あるいは、ある人の腹黒い行動に悩まされな…
ページ上部へ戻る