部下から信頼される上司の特徴7つ

上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えることかもしれません。ともすれば部下に厳しく指導しなくてはならない立場である上司という存在は、部下から嫌われやすく煙たがられる存在であるとも言えます。しかし部下からの信頼も厚く、頼られる上司も世の中には沢山います。ここではそんな部下から頼られる上司に見られる7つの特をご紹介していきたいと思います。あなたは以下の項目にいくつ当てはまっていまでしょうか、部下から頼られる上司になるためには、どんな上司であるべきなのか来るべき将来に向けても、どんな上司となるべきかを知っておくようにしましょう。


頼られる上司の7つの特徴

①:常に先頭に立って結果を出す

口だけの上司ではなく、自分自身が先頭に立結果を残す上司は、やはり説得力があります。上司は立場上、自らが結果を出す役割を担うわけではありません。部下を育成し、チームのマネジメントを主にすることから、自らが先頭に立つことを嫌がるタイプの上司も多いはずです。口だけではなく、自ら行動を見せることは部下にとっても信頼に繋がり、そのような上司の発言には説得力があります。口だけではなく結果で見せる上司は、頼りがいがあると映るはずです。


②:部下の立場を理解してくれる

上司としての自分の立場だけでなく、部下の立場に立って物事を考えてくれることは大きな要素となるはずです。上司としての立場から、どうしても物事を上から見てしまい、そのような発言も多くなる傾向にありますが、やはり上からの一方的な発言は部下にとって受け入れがたいケースも多くあります。上司としての上からの目線ではなく、部下の目線で考え理解してくれる上司は、部下にとっても信頼できると感じる要素となるはずです。


③:責任感がある

部下の責任は上司の責任、責任感のある上司には頼りがいを感じます。部下を管理する立場であることから、成功も失敗も全て上司の責任であることをしっかりと理解し、そのような行動を取れているかどうかは重要です。失敗は部下の責任にして手柄を自分のものにしようとする上司が嫌われる上司であることからも、やはり責任感は頼りがいにも大きく影響することが分かります。


④:自分に厳しい

上司は部下に厳しく指導する立場でもありますが、部下には厳しくあたるものの自分には甘い、そんな上司もいたりします。そのような上司は言うまでもなく頼りがいがあるとは言えません。部下に厳しくも自分自身にも厳しい、そんな上司であることが理想です。上司、部下に関わらず、自分自身に厳しい人は信用できる印象を与えがちです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…
  2. 部下のモチベーションを下げる上司の言動・特徴9つ

    部下のモチベーションを引き出せないというお悩みをお持ちの上司の方はいませんか?実は、それは部下自身の…
  3. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社を退職した場合、新しい会社へ転職する場合であれ、起業する場合であれ、人生の転換点は何かとお金が必…
  2. 「営業」という職種は自社の商品を販売するために活動するという点では共通していても、仕事のスタイルや活…
  3. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  4. 社会人になり働き始めると「差がつくこと」が色々と出てきます。仕事に対して打ち込む人とそうじゃない人と…
  5. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  6. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
ページ上部へ戻る