部下から信頼される上司の特徴7つ

上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えることかもしれません。ともすれば部下に厳しく指導しなくてはならない立場である上司という存在は、部下から嫌われやすく煙たがられる存在であるとも言えます。しかし部下からの信頼も厚く、頼られる上司も世の中には沢山います。ここではそんな部下から頼られる上司に見られる7つの特をご紹介していきたいと思います。あなたは以下の項目にいくつ当てはまっていまでしょうか、部下から頼られる上司になるためには、どんな上司であるべきなのか来るべき将来に向けても、どんな上司となるべきかを知っておくようにしましょう。


頼られる上司の7つの特徴

①:常に先頭に立って結果を出す

口だけの上司ではなく、自分自身が先頭に立結果を残す上司は、やはり説得力があります。上司は立場上、自らが結果を出す役割を担うわけではありません。部下を育成し、チームのマネジメントを主にすることから、自らが先頭に立つことを嫌がるタイプの上司も多いはずです。口だけではなく、自ら行動を見せることは部下にとっても信頼に繋がり、そのような上司の発言には説得力があります。口だけではなく結果で見せる上司は、頼りがいがあると映るはずです。


②:部下の立場を理解してくれる

上司としての自分の立場だけでなく、部下の立場に立って物事を考えてくれることは大きな要素となるはずです。上司としての立場から、どうしても物事を上から見てしまい、そのような発言も多くなる傾向にありますが、やはり上からの一方的な発言は部下にとって受け入れがたいケースも多くあります。上司としての上からの目線ではなく、部下の目線で考え理解してくれる上司は、部下にとっても信頼できると感じる要素となるはずです。


③:責任感がある

部下の責任は上司の責任、責任感のある上司には頼りがいを感じます。部下を管理する立場であることから、成功も失敗も全て上司の責任であることをしっかりと理解し、そのような行動を取れているかどうかは重要です。失敗は部下の責任にして手柄を自分のものにしようとする上司が嫌われる上司であることからも、やはり責任感は頼りがいにも大きく影響することが分かります。


④:自分に厳しい

上司は部下に厳しく指導する立場でもありますが、部下には厳しくあたるものの自分には甘い、そんな上司もいたりします。そのような上司は言うまでもなく頼りがいがあるとは言えません。部下に厳しくも自分自身にも厳しい、そんな上司であることが理想です。上司、部下に関わらず、自分自身に厳しい人は信用できる印象を与えがちです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…
  2. 「仕事が評価されない」転職理由は通用するか

    面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  3. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビ…
  2. クールビズは夏場を代表する国民的運動として社会にすっかり定着してきましたが、このクールビズを行う期間…
  3. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  4. 転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代…
  5. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  6. 提案型営業という言葉は近年良く聞かれるようになりましたが、改めて提案型営業とはどのようなものかと問わ…
ページ上部へ戻る