転勤族の「結婚」や「家族」に関する代表的な悩み4点

就職した職種や業種によっては、定期的に転勤を繰り返すいわゆる「転勤族」となってしまうことがあります。とは言え仕事柄どうしても転勤を余儀なくされるケースもあり、それは出世に影響したり、また自分自身のスキルアップに影響したりと仕事の面ではプラスとなることも多くあります。

しかし転勤は自分自身だけの問題ではありません。家族などにも大きな影響を与えますし、独身の方であれば自身の結婚にも影響する問題です。そこでここでは転勤族が結婚や家族などについて頭を悩ませる4つのことについてお話していきたいと思います。転勤予定がすでにある方、将来的にそうなりそうな方、予備知識として知っておくようにしておきましょう。


「結婚」や「家族」について頭を悩ませる4つのこと

①:短期間での転勤が多く出会いが少ない

まだご自身が独身の場合、これから結婚へ向かって相手を探したりお付き合いをしたりとなるわけですが、転勤が多いと出会いなども限定されるという悩みがあります。縁もゆかりもない土地への転勤などになるとプライベートでの出会いは非常に少なくなってしまうかもしれません。アクティブに出会いを求める一部の人を除いて、会社以外での出会いのチャンスは少なくなるはずです。

社内での人間関係から恋愛関係、結婚などに発展するケースは少なくありませんが、これも転勤が多いとそこまで発展する可能性も無くなってしまうことも考えられます。しかし積極的に出会いを求めることが出来る人にとっては定期的に新しい環境に身を置くことが出来るとも言え、考え方一つではプラスに捉えることも出来るかもしれません。


②:転勤の多さが結婚のハードルになる

出会いが限定される状況の中、お付き合いから結婚へと関係を育んでいく中で、転勤の多さが結婚におけるハードルになってしまうこともあります。結婚相手がその土地を離れたくないと考えている場合や、そもそも離れることが出来ない理由がある場合などには、転勤が多い相手との結婚は考えられないということにもなりかねません。

価値観は人それぞれとはいえ、やはり見知らぬ土地への転勤には不安が付きまといます。会社で働く側の男性社員にとっては会社での付き合いというものがそこにはあるわけですが、結婚して家庭に入る女性の立場で考えると、友達も知り合いもいない土地での生活は精神的に大きな負担となります。こうした面を考えると転勤族との結婚は、場合によっては大きなハードルとなることもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 友達と一緒に起業してはいけない3つの理由

    起業を志している方であれば、「友達と起業してはいけない」ということを耳にしたことが1度はあるのではな…
  2. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  3. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  2. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  3. 「営業」という職種は自社の商品を販売するために活動するという点では共通していても、仕事のスタイルや活…
  4. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  5. 転職するとき、内定を獲得するまでの第一関門となるのが履歴書・職務経歴書による書類選考。書類選考では、…
  6. 昨今ネットでは、有給休暇取得や取得後に関する識者のマナーに関する企画記事が話題を呼んでいます。例えば…
ページ上部へ戻る