営業マンが退職するときに円滑な引き継ぎをするポイント3つ

営業マンが退職するとき、営業マンが抱えている進行中の商談や見込み客、既存客等々、引き継がなければならない事項は多々あります。退職事由はともかく、いい加減な引継ぎを行ってしまえば退職する会社だけでなく、営業マンとして皆さんを育ててくれた大切なお客様にも多大な迷惑をかけてしまうことになりかねません。営業マンは去る会社のためだけでなく、お客様のためにもしっかりと引き継ぎを行うことが大切です。そこで今回は営業マンが自分の業務の引き継ぎを行う場合に、スムーズに行うためのポイントを紹介することに致します。


①引き継ぎのスケジュールを必ず確立する

引き継ぎ営業マンがスムーズに引き継ぎを行うために最も大切なことだと言ってよいのが、引継ぎ項目を漏れなく丁寧に整理した上で、できるだけ無理のないスケジュールを確立することです。退職まで仮に2ヶ月~3ヶ月程度あったとしてもそれらの期間は現職の社員でもありますから、業務を行いながら引継ぎ準備と引き継ぎを行う必要があります。

普段以上に大変で忙しくなりますので、スケジュールを立てずにスムーズな引き継ぎを行うことなど不可能だと言えます。ではスケジュールを作成する上でのポイントですが、それは二つあります。

一つは「引き継ぎを終える日を仮設定すること」、二点目は「引き継ぎ項目」です。もし退職日が明確に確定してない場合なら、退職が早まったとしてもこの日であろうと思われる日を仮の退職日として位置付けた上で、その日より少なくとも5日前には引き継ぎを終わらせるという条件で「引き継ぎ終了日」を設定することです。つまり5日以上の予備日を見込んだ上で引き継ぎスケジュールを確立すれば、多少スケジュールどおりにゆかない事態が生じても対応が可能となるからです。


②「引き継ぎ項目」の整理と作業時間の想定等が必要

スケジュール次に、二点目のポイントなる「引き継ぎ項目」について説明します。スケジュールを立てるといってもただ暦上に「引き継ぎ期間」と線を入れるだけでは意味がありません。必要となる引き継ぎ事項としてまず何があるのか、それらを引き継ぐには引き継ぎの準備も含めて、どのような作業が必要になるか、またそれら作業を行うには大よそどの程度の時間が必要か、目安を立てておく必要があります。

この「引き継ぎ項目」は会社によっても、更には営業マンの個々の状況によっても異なってきますので一概にこれだけ、もしくはこうだとは断定できませんが、共通的な要素として大きく「情報」と「直接対応」という二つの着眼点から必要な項目を整理すると整理しやすくなります。

例:「情報」
・既存顧客のリスト
・見込み客のリスト
・商談進行中の顧客リスト
・上記の商談状況や顧客の癖や性格、好み、気をつけるべきこと
・クレームまたはトラブルの有無と内容
・その他営業活動で協力してくれる人物や企業に関する情報等

例:「直接対応」
・直接訪問して担当が変わることを伝える必要がある顧客
・直接訪問しての挨拶が必要となる取引先や関係者
・引き継ぎ者と同伴での挨拶や訪問による説明等が必要な顧客や取引先

こうした二つの視点で引き継ぎ項目を整理することは一つの方法ですが、引き継ぎ項目の洗い出しを終えたらそれでお終いではなく、繰り返しとなりますがそれらにどの程度の作業時間が見込まれるかについてもスケジュールを考える上で大切なことです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンには共通する特徴があります。頑張っているのになかなか成果が上がらない人は、まずはできる…
  2. 無口な人の7つの特徴

    無口な人の7つの特徴

    日本人に多くいる「無口な人」。話好きな人からすると、寡黙でおとなしい人の生態はなかなか掴みにくいかも…
  3. 営業で緊張を克服する7つの方法

    営業で緊張を克服する7つの方法

    営業マンの商談場面を思い浮かべると、話をスマートかつ上手に展開するイメージがあります。しかし、実際に…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 髭というとダンディなイメージを与えられますし、きちんと整えてあるとそれだけでかっこよく見えてきます。…
  2. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  3. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  4. 上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わ…
  5. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  6. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
ページ上部へ戻る