新入社員研修で合宿を行う目的とは

新入社員研修は企業によって合宿形式で行われる場合がありますが、読者の皆さんはその目的や理由について考えてみたことはあるでしょうか。新入社員研修を合宿で行えば交通費や食費、宿泊費と言ったコストが生じ、新入社員の人数次第では決して馬鹿にならない費用にもなってきます。そうしたコストが発生することがわかっていて合宿による新入社員研修を行うのには、目的や理由があります。そこで今回は、合宿形式で新入社員研修を行っている企業の目的について解説いたします。


①規則正しい生活による学生意識の払底

まず一つ目に上げられる合宿の目的が「学生意識の払底」です。新入社員は、入社直前までは「ぬるま湯」と言われる学生生活に浸っていた訳ですから、形式上社会人になり座学での知識研修を受けただけでは学生意識から脱却させることは難しい面があります。その点で合宿は座学だけでなく、宿泊を通じて24時間規則正しい、厳しい生活を送らせることができます。

つまり意識を変えるには、知識だけでなく「生活態度」という根本的な部分から改善を図ることが効果的と言えますので、合宿はこの効果を活用して新入社員の学生意識を払底することを目的に行っているのです。


②連帯意識の形成

「裸の付き合い」「寝食を共にした仲」という言葉があるとおり、合宿をすれば新入社員同士の入浴で裸の付き合いとなりますし、文字通り寝食も共にすることになります。それにより、新入社員同士の連帯意識や団結力が自然と高まります。そうなれば同僚として協力し合い、互いに助け合う意識も芽生え、その結果として「組織」の一員としての自覚や態度等も身に付くことが期待できます。


③限定された空間を利用した知識の定着

新入社員の合宿地は観光地ではなく、周囲が自然に囲まれた閑静な地域で行われる場合が多いのですが、そうした環境にも狙いがあります。周囲に何もないために、否応無しに合宿メニューや研修内容に集中せざるを得なくなるからです。都会のオフィス街にある本社での研修なら、カラオケや飲食店はいくらでもありますので研修後に「カラオケに行こう」「飲みに行こう」となって新入社員がアフターファイブを楽しむことも容易に出来ます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  2. 仕事で分からないことを上司へ質問する方法

    仕事に慣れていない新人であれば、仕事の取り組み方を上司や先輩に質問するのは日常茶飯事。仕事で分からな…
  3. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  2. 宴会や飲み会において、「中締め」や「締め」の場面で部下や同僚から挨拶を依頼された場合、皆さんならどの…
  3. 課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たす…
  4. 学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょ…
  5. 髭というとダンディなイメージを与えられますし、きちんと整えてあるとそれだけでかっこよく見えてきます。…
  6. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
ページ上部へ戻る