就活の面接で注意すべきネクタイの色・柄

では、その他の色はどうかというと赤色系は「パッション」即ち情熱や意欲的な姿勢を表す色であり、黄色系は明るく闊達な印象を与える色といったそれぞれの長所というものがあります。しかしながら赤や黄色は暖色で目立ちやすいため、色合い次第では「悪い意味で目立ってしまうおそれ」もありますので積極的におススメできる色とは言えません。

但し、例えばファッションセンス等も重視されるアパレル業界や個性が尊重されるクリエイター等の職種においては、逆にそうした個性を主張しやすい赤や黄色の方が望ましい場合もあります。そのため、赤や黄色系や志望している業種や職種次第で着用を判断することが望ましいと言えますが、そうした業界であっても迷うようであれば青色でも構いません。


ネクタイの柄選び:柄の基本はストライブ・ドット・チェック

続いてネクタイの柄選びについてです。柄はデザインや採用されている色によっても左右されるため、あまり厳格に考える必要はありませんが、就活生が着用するネクタイとして相応しい柄は一般的には「ストライブ(レジメンタル(斜めの線が入った柄))」「ドット(水玉の柄。但し水玉がが主張しすぎない大人しいもの)」「チェック(格子の柄)」の3つが代表的なものと言えます。

柄にはその他にも様々な種類があり、ご紹介した3つ以外他は全て駄目だといったことではありません。しかし、柄次第では派手になりすぎる等のリスクもありますので、そうした判断が付かない、あるいは判断に自信が持てないといった場合には3つの柄から選んだ方が無難だと言えます。

尚、無地は一見無難な選択にも思えますが、柄がないために色がその分主張しがちです。従って無地を選ぶ場合には、ご紹介した①から③のポイントを踏まえて特に色選びは慎重に行うようにして下さい。

就活生にとって相応しい服装が個性を主張しないリクルートスーツであることからもわかるとおり、ネクタイ選びも一部の業種や職種を除けば過度に個性を主張するものは基本的に好まれないことは理解しておいた方が良いと言えます。

また、ネクタイで気をつけるべきことは色や柄だけではありません。結び目はしっかりしているか、緩んでいないかといった着用の仕方もチェックされています。従って、色と柄で納得の1本を選んだなら正しい結び方で着用すると共に、ネクタイがゆるんでいないか定期的にチェックすることも忘れないようにしましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 一般事務職への就職・転職に有利な資格3選

    一般事務職への就職・転職を目指す場合、採用に有利な資格はあります。特に事務の実務経験がない方は、事務…
  2. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…
  3. 営業マンあるある・職業病まとめ

    営業マンの「あるあるネタ」「職業病」まとめ

    お客様に自社商品を購入してもらうために、あちこちを駆け回る営業職。営業はとても大変な仕事ですが、今回…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 書類選考という第一関門を突破する上で、履歴書の出来栄えがいかに大切であるかは改めて申し上げるまでもな…
  2. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
  3. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  4. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  5. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  6. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
ページ上部へ戻る