ネクタイ柄の種類と意味

ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類がありTPOに合わせた選択が求められます。そこでここではネクタイ柄の基本の5種類についてお話したいと思います。普段何気なく選んでいたネクタイ選びも、こうしたそれぞれの柄の種類を知ることで、TPOに応じたネクタイ選びが出来るようになります。ワンランク上の出来るビジネスマンを目指すなら、必ず知っておくべき重要なポイントです。


ネクタイ柄の基本の5種

①無地

誰しもが持つ基本中の基本と言えるのが無地です。無地の一番の特徴は何にでも合わせやすいという点です。特徴的な柄のネクタイはシャツとの相性がありますが、無地のネクタイはどんなタイプや柄のシャツでも合わせることが出来る万能選手です。

オーソドックスなタイプゆえに、色の合わせ方などがポイントになります。スーツやシャツとのバランスを考え、ネクタイでワンポイント持ってくるような合わせ方が一般的です。また黒やグレーなどのシックな色味の無地のネクタイは非常に堅い印象を与えます。利用シーンに合わせた選び方が重要です。


②ストライプ

無地と並んで一般的で使用頻度の高いのがこのストライプです。合わせやすくもありながらスタイリッシュな印象を与えることが出来る柄だと言えます。ストライプが右から左に上がっていくのがヨーロピアンスタイル、左から右へあがっていくのがアメリカンスタイルです。スーツやシャツなどとこうしたスタイルの統一感を持たせる事もワンランク上の合わせ方と言えます。

ストライプでは幅の太さや色味で印象が大きく変わります。また、色味が沢山使われているものよりも、少ない物の方が合わせやすく爽やかな印象を与えがちです。商談の際などにはこうした与える印象なども気を付けた選び方が重要です。


③チェック

チェックには様々な種類があり、グレンチェックやギンガムチェック、格子柄や千鳥格子など、その柄の入り方によって印象も大きく変わります。色味の選択によっては華やかな印象になりますが、一般的にはカジュアルな場での使用を良く見かけます。

色味や柄によって大きく印象が変わるのがチェックからの特徴で、ともすれば派手な印象を与えかねないので慎重に選ぶべき柄だといえるかも知れません。やはり抑えた色味のものを選ぶ方が失敗はしにくいとも言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…
  2. 転職の準備に必要な期間・書類・貯金まとめ

    いざ転職をしようとすると気になるのが、「いつまでに何をしなければならない?」「転職までにはどのくらい…
  3. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就職や転職などを考えるときに頭に入れておきたいのが、その企業や業界的に有利に働く資格も存在するという…
  2. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  3. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  4. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  5. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  6. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
ページ上部へ戻る