職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があるか、今回は嫌われる上司と嫌われる部下という二つの立場に分けてそれぞれに共通した特徴をご紹介していきます。

上司の皆さん、部下の皆さん、それぞれの立場から記事で紹介される特徴を有した人物を反面教師として、自分が本当にそうなっていないかをシビアに確認しながら読んでくださいね。

職場で嫌われる上司編

職場で嫌われる上司編

1.すぐ感情的になる

気が短くて怒りっぽく、すぐに感情的になって部下にあたってしまう上司は嫌われる上司の最たる特徴です。しかも、たちが悪いのは感情的になる上司に限って「叱る」と「怒る」ことの違いをわきまえておらず、感情的に怒ることが部下の成長にとって望ましいとすら考えている場合があることです。

こうした感情的な上司に対して部下は、とにかく嵐が過ぎ去ることだけをぐっと堪えて待ち続けているだけで、上司の言っていることへ真剣に耳を傾けようとはしません。

2.部下の悪口を言う

「アイツは○○がダメなんだよなあ」と部下や同僚に対して、他の部下の悪口を言う上司も嫌われる上司の典型例です。

部下に対して他の部下の悪口を言えば、その部下だって「自分がいないところで同じように自分の悪口を言われているのでは」と疑心暗鬼になってしまい、信用できなくなります。また、他人の悪口を聞かされて楽しい気分になれる人などまずいません。

仮に同意できるような内容であっても不快な話である以上、そうした他人の悪口を平気で言う上司には次第と悪い感情を抱くようになってしまいます。

3.感謝の気持ちが希薄な上司

周囲への感謝の気持ちが希薄な上司も職場で嫌われる人の代表格です。「部下は上司の指示に従って当たり前」「報連相をするのも当たり前」「部下は自分に与えられた義務を果たしているだけで感謝するほどのことではない」などと考える上司に対し、部下は健気に「ついてゆこう」と考えたり、「上司のために頑張ろう」と考えたりできるはずがありません。部下から好かれる上司とは、私利や私欲からではなく心から自分の部下に対して深い感謝の念を抱ける上司なのです。

4.部下に仕事を押し付けて先に帰る

上司からの業務指示を平気で断れる人はそうはいないはずです。職場で嫌われる上司はその力関係を利用して、本来上司がやるべき仕事を部下に押し付けようとします。そして自分は飲みに行ったり、アフターファイブを楽しむのです。

その言動について職場の人から注意を受けると、返ってくる言葉は「部下の成長のため」。部下に業務を覚えてもらうことはもちろん大事ですが、「自分が楽をしたいから」という本音が見え隠れするようでは、人はついて来ないでしょう。

5.人によって態度を変える

人によって態度を変える

相手によって接し方を変えるのは、社会で良好な人間関係を構築する上で必要なことといえます。例えば友達と上司に同じ接し方をする人は少ないと思いますし、家族とお客様の前でも当然態度は変わるでしょう。人によって態度を変える上司が職場で嫌われるのは、大きく分けて次の2つのケースです。

接し方で嫌われる上司の2パターン

  1. 立場の強い人には弱く、弱い立場の人には強い
  2. 自分への影響力がある人には弱く、ない人には強い

自分の評価や報酬に影響力のある上司にはペコペコ頭を下げたり機嫌取りをするけど、それ以外の人には横柄に接する上司は見ていて滑稽です。そのような振る舞いをする上司は職場のメンバーを敵に回すことになります。

6.他人に厳しく自分に甘い

周囲の行動や結果には「管理」という名の厳しい監視を行い、ミスや失敗をしたときは容赦ない攻撃をする。なのに自分も平気で同じようなミスをするし、挙げ句の果てにはそれを笑って誤魔化そうとする。

そのスタンスでは部下はついてきません。自分がミスしたときは相手が部下であっても誠意をもって謝ることが大切です。部下を叱った次の日に、自分も同じミスをしてしまってばつが悪い思いをしたとしても、非は認めるべきです。部下と上司の関係でも、役職を取っ払えばお互いひとりの人間。相手を信頼するには誠実さが必要なのです。

7.職場の人の人間性を知ろうとしない

社会生活を営む上で、人は誰しも他人に認められたい感情「承認欲求」を持っています。褒められることで承認欲求が満たされ、モチベーションが維持されて、さらに仕事を頑張れるのです。職場は仕事をする場所ですが、仕事をするのはロボットではなく人。自分は必要とされていないと感じれば、周囲から人はいなくなってしまいます。

もしも直属の部下に関する以下の質問を答えられないのであれば要注意。あなたが良き理解者になっていると自負している部下をひとり思い浮かべながら見てください。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…
  2. 営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    入社した会社で営業職として働くことになった場合、ビジネススーツの着用が必須といえます。営業マンは社外…
  3. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  2. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
  3. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
  4. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  5. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  6. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
ページ上部へ戻る