転職する前に理解しておくべき転職の準備期間

・転職したいと考える職種や業種、企業研究等を入念に行う

これには少なくとも2月以上の時間はかけることをおススメします。特に未経験の職種への転職を目指すといった場合、その職種の良い面ばかりをみて判断しようとしていないか、長所・短所の両面を研究することが望ましいです。

・(資格が必要な職種への転職を考えているなら)資格取得の学習に励む

これは資格の難度によって変わってきます。難関資格と言われるものなら資格取得までの学習期間は「1年」では不十分といった場合も多々あります。また難関資格は合格率が低く、考えたくはありませんが「不合格」となってしまった場合のことも視野に入れて余裕を持った学習期間を設定する必要があると言えます。

・転職理由のシナリオを考える

現在の職場の上司へ伝える転職理由と転職の面接時に回答する転職理由は、中身は同じでも、どこまでどう伝えるか、表現等はそれぞれ異なります。ただ時間をかければ良いというものではありませんが、非常に重要な理由ですので転職間際になって慌ててシナリオを考えることなどないよう事前に準備しておくべきです。

・転職活動開始時期を選定して計画を立てる

作業手順を簡単に言えば、まず先程ご紹介した準備作業におおよそどのくらいの期間が必要かを自身で検討します。仮にそれが4ヶ月必要だったとした場合、転職活動開始に適した時期も4ヵ月後であればこれからの4ヵ月間を準備期間とすれば良いのですが、転職活動開始に適した時期が半年後なら半年後を転職活動開始時期と定めて、準備作業期間を6ヶ月にします。

また、理想的な月が2ヶ月後という場合、2ヶ月では準備作業が間に合いませんので二番目に理想的な月を再検討するか、場合によっては1年と2ヶ月後を転職活動開始時期に定めてその期間を転職準備期間とするというのも一案と言えます。転職する前の準備期間をテーマとして、理解しておくべき事項をご紹介して参りましたが如何だったでしょうか。



改めて言うまでもないことかも知れませんが転職の準備期間にかかわらず、仕事はその段取りや準備がしっかり行われていればだいたい8割程度成功したに等しいとはよく言われることです。何より転職理由はよくよく考えて転職活動に取り組むようにしてください。記事の中でもお伝えしましたが、この転職理由の自己分析は時期や期間を優先するものではありません。つまり転職はスケジュールありきですすめるべきものではないことは、くれぐれも忘れないようにしてください。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 口下手な営業マンが成果を出す3つの方法

    デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
  2. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…
  3. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接試験では「定番」と呼ばれる質問事項がいくつかありますが、今回のテーマである「最近気になったニュー…
  2. 書類の電子化普及に伴ってボールペンを使用する機会は減少傾向にありますが、顧客と直接会って商談を行って…
  3. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  4. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
  5. ビジネスでよく用いる言葉でありながらよく似ているために、意味の違いが明確でない、ぼんやりしているとい…
  6. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
ページ上部へ戻る