離職期間が長い人のオススメの転職理由4選

現在転職活動に励んでおられる方の中には、前職を退職してからかなりブランクがあいてしまったといった方もおられると思います。そのような方々が採用面接時において特に慎重に回答しなければならないことが、「転職理由」ですが、どのような転職理由なら良いのでしょうか。今回は大病したり、出産や子育て、親の介護等特別な事情はないのに離職期間が長くなってしまった方を主な対象と想定した上で、転職理由を4つ当編集部において選択しましたので皆さんへご紹介致します。


①自分が転職したいと思える会社が見つかったから

特に前職を退職後、あまり転職活動を行ってこなかったという方に最もおススメな転職理由がこの理由です。求人企業側が不安視していることの一つは、ブランクが生じた方は正社員として働く意欲が萎えてしまっているのではないかということです。また、多少転職活動を行ったという方で入社を切望していた会社に落ちてしまったという方であっても、これから面接に臨もうとしている会社に対し「入社したい」「この会社に貢献したい」といった情熱や思いがあるならば、この理由は決して嘘ではないと言っても良いのではないでしょうか。採用されることを嘘偽りなく望んでいる会社なら、遠慮することなくそのように回答しましょう。


②御社の◯◯事業に自分をかけてみたいと思えたから

二つ目のポイントは、転職理由の主な材料を「会社」ではなくその会社の事業、あるいはプロジェクトや新サービス等々を対象にしている点です。この理由は会社の事業に対して熱心に研究したことをアピールできますし、また①でお伝えしたようなブランクが生じたことによる「意欲喪失」の不安を払底させる理由として有効です。但し、この転職理由を伝えた場合には例えば「当社の事業の具体的にどのような点に大きな意義を感じたのか」等々について尋ねられることになります。

そのため、ネットに書いてある情報をかじった程度ではメッキはすぐに剥がれてしまいます。その会社の事業等に対して「熱意」をもって深く研究しておく必要があることは申し上げるまでもありません。特に大切になってくるのは「××」の理由を説明する部分です。「よく研究しているなあ」と面接官を驚かせるぐらいの内容にすることを目指すべきです。そのコツとして「××」の部分は一つではなく、「簡潔に」を条件にした上で最低3つ以上あげることをおススメします。


③社長のメッセージに心打たれたから

この③は「経験やキャリア等は一切問わない。意欲さえあれば誰であっても歓迎するし、誰であっても必ず一人前にしてみせる」等、未経験者を対象として求人企業のトップまたは幹部が熱く語りかけている場合に有効です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  2. チームワークを乱す人の特徴と対処法

    チームワークの重要性が叫ばれる一方で、「良い」チームを作ることは非常に難しく、チームワークを乱す人も…
  3. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  2. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  3. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
  4. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  5. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
  6. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
ページ上部へ戻る