離職期間が長い人のオススメの転職理由4選

現在転職活動に励んでおられる方の中には、前職を退職してからかなりブランクがあいてしまったといった方もおられると思います。そのような方々が採用面接時において特に慎重に回答しなければならないことが、「転職理由」ですが、どのような転職理由なら良いのでしょうか。今回は大病したり、出産や子育て、親の介護等特別な事情はないのに離職期間が長くなってしまった方を主な対象と想定した上で、転職理由を4つ当編集部において選択しましたので皆さんへご紹介致します。


①自分が転職したいと思える会社が見つかったから

特に前職を退職後、あまり転職活動を行ってこなかったという方に最もおススメな転職理由がこの理由です。求人企業側が不安視していることの一つは、ブランクが生じた方は正社員として働く意欲が萎えてしまっているのではないかということです。また、多少転職活動を行ったという方で入社を切望していた会社に落ちてしまったという方であっても、これから面接に臨もうとしている会社に対し「入社したい」「この会社に貢献したい」といった情熱や思いがあるならば、この理由は決して嘘ではないと言っても良いのではないでしょうか。採用されることを嘘偽りなく望んでいる会社なら、遠慮することなくそのように回答しましょう。


②御社の◯◯事業に自分をかけてみたいと思えたから

二つ目のポイントは、転職理由の主な材料を「会社」ではなくその会社の事業、あるいはプロジェクトや新サービス等々を対象にしている点です。この理由は会社の事業に対して熱心に研究したことをアピールできますし、また①でお伝えしたようなブランクが生じたことによる「意欲喪失」の不安を払底させる理由として有効です。但し、この転職理由を伝えた場合には例えば「当社の事業の具体的にどのような点に大きな意義を感じたのか」等々について尋ねられることになります。

そのため、ネットに書いてある情報をかじった程度ではメッキはすぐに剥がれてしまいます。その会社の事業等に対して「熱意」をもって深く研究しておく必要があることは申し上げるまでもありません。特に大切になってくるのは「××」の理由を説明する部分です。「よく研究しているなあ」と面接官を驚かせるぐらいの内容にすることを目指すべきです。そのコツとして「××」の部分は一つではなく、「簡潔に」を条件にした上で最低3つ以上あげることをおススメします。


③社長のメッセージに心打たれたから

この③は「経験やキャリア等は一切問わない。意欲さえあれば誰であっても歓迎するし、誰であっても必ず一人前にしてみせる」等、未経験者を対象として求人企業のトップまたは幹部が熱く語りかけている場合に有効です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…
  2. 【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

    【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

    面接は、企業と就職希望者の意思疎通を行う大事な場面です。面接の合否の結果は、就職希望者のこれまでの経…
  3. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  2. 転職サイトを利用したことがある方、またはご覧になったことがある方なら重々ご承知かと存じますが、どの転…
  3. 学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょ…
  4. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
  5. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  6. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
ページ上部へ戻る