上司に電話をかけるときに押さえておくべきビジネスマナー

また上司への電話においてはまず始めに時間が取れるかどうかお伺いをたてることを忘れないようにしましょう。挨拶も早々に即本題へと入るのではなく、「今お時間大丈夫でしょうか?」と今時間が取れるかどうかのお伺いをたててから話の本題へと入っていくようにしましょう。またどのような内容の電話かを事前に頭の中で整理しておき、話のかかる所要時間の目安も伝えることが出来るようにしましょう。「10分ほどで済む要件ですが、今お時間大丈夫でしょうか?」と一言添えることも大切です。


配慮を忘れないようにすること

上司に電話をかける際に注意すべきビジネスマナーのポイントは、やはりとにかく様々な面での配慮を忘れないことです。例えば休日に電話する際には十分な配慮が必要です。それが仕事上の緊急の電話であったとしても、まずはお休みに電話してしまったことを十分にお詫びすることも大切です。

最近ではスマートフォンなど携帯電話での連絡となることがほとんどですが、時には上司の自宅へ連絡を入れることもあるかもしれません。上司のご家族の方が電話口に出ることも考えられますので、そうしたシチュエーションも想定し、きちんとした挨拶が出来るようにもしておかなくてはいけません。たかが電話だと軽く考えることなく、社会人として恥ずかしくないビジネスマナーを身に付けるようにしましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…
  2. 5W1Hの意味・使い方

    ビジネスシーンにおいて、会話や報告書、メールを通じてコミュニケーションをとる場合、5W1Hを踏まえて…
  3. 【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

    【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

    冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  2. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
  3. 仕事には向き不向きと言ったものがありますので、その職種に不向きな方が仕事を行うことは本人にとっても、…
  4. 「承認」も「承諾」もビジネスにおいてよく用いる言葉でありながら言葉も意味も大変似ていることから、明確…
  5. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  6. 転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代…
ページ上部へ戻る