上司に電話をかけるときに押さえておくべきビジネスマナー

また上司への電話においてはまず始めに時間が取れるかどうかお伺いをたてることを忘れないようにしましょう。挨拶も早々に即本題へと入るのではなく、「今お時間大丈夫でしょうか?」と今時間が取れるかどうかのお伺いをたててから話の本題へと入っていくようにしましょう。またどのような内容の電話かを事前に頭の中で整理しておき、話のかかる所要時間の目安も伝えることが出来るようにしましょう。「10分ほどで済む要件ですが、今お時間大丈夫でしょうか?」と一言添えることも大切です。


配慮を忘れないようにすること

上司に電話をかける際に注意すべきビジネスマナーのポイントは、やはりとにかく様々な面での配慮を忘れないことです。例えば休日に電話する際には十分な配慮が必要です。それが仕事上の緊急の電話であったとしても、まずはお休みに電話してしまったことを十分にお詫びすることも大切です。

最近ではスマートフォンなど携帯電話での連絡となることがほとんどですが、時には上司の自宅へ連絡を入れることもあるかもしれません。上司のご家族の方が電話口に出ることも考えられますので、そうしたシチュエーションも想定し、きちんとした挨拶が出来るようにもしておかなくてはいけません。たかが電話だと軽く考えることなく、社会人として恥ずかしくないビジネスマナーを身に付けるようにしましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  2. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…
  3. 仕事のミスが多い人の6つの特徴

    仕事のミスは誰しも起こり得ること。不注意によるミスもあれば、不可避のことだって中にはあるでしょう。し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の印鑑に「角印」と「丸印」があることはご存知でしょうが、皆さんはこの二つの印鑑の用途の違い等につ…
  2. 個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接…
  3. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  4. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  5. 飛び込み営業で再訪問のアポイントを取得する方法
    飛び込み営業は、初訪時(新規のお客様と初めて会うとき)に多くの場合、「うちでは要らない」「必要ない」…
  6. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
ページ上部へ戻る