上司に電話をかけるときに押さえておくべきビジネスマナー

また上司への電話においてはまず始めに時間が取れるかどうかお伺いをたてることを忘れないようにしましょう。挨拶も早々に即本題へと入るのではなく、「今お時間大丈夫でしょうか?」と今時間が取れるかどうかのお伺いをたててから話の本題へと入っていくようにしましょう。またどのような内容の電話かを事前に頭の中で整理しておき、話のかかる所要時間の目安も伝えることが出来るようにしましょう。「10分ほどで済む要件ですが、今お時間大丈夫でしょうか?」と一言添えることも大切です。


配慮を忘れないようにすること

上司に電話をかける際に注意すべきビジネスマナーのポイントは、やはりとにかく様々な面での配慮を忘れないことです。例えば休日に電話する際には十分な配慮が必要です。それが仕事上の緊急の電話であったとしても、まずはお休みに電話してしまったことを十分にお詫びすることも大切です。

最近ではスマートフォンなど携帯電話での連絡となることがほとんどですが、時には上司の自宅へ連絡を入れることもあるかもしれません。上司のご家族の方が電話口に出ることも考えられますので、そうしたシチュエーションも想定し、きちんとした挨拶が出来るようにもしておかなくてはいけません。たかが電話だと軽く考えることなく、社会人として恥ずかしくないビジネスマナーを身に付けるようにしましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  2. 自己PRで飲食店バイト経験をアピールするコツ【例文付き】

    飲食店でのアルバイト経験を自己PRで伝える場合、どのようなポイントやコツがあるか就活生の皆さんはおわ…
  3. 説得力のある話し方を身につける10の方法

    説得力のある話し方を身につけることは、ビジネスマンにとって優先度の高いテーマと言って良いでしょう。皆…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
  2. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  3. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
  4. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  5. トップ営業マンはトップの営業成績を生み出すために仕事の進め方において様々な工夫をこらしているものです…
  6. 昨今ネットでは、有給休暇取得や取得後に関する識者のマナーに関する企画記事が話題を呼んでいます。例えば…
ページ上部へ戻る