上司に電話をかけるときに押さえておくべきビジネスマナー

社会人になると知らないでは済まされないビジネスマナー。普段何気なくかけている電話においても押さえておくべきビジネスマナーがあります。特に上司に電話をかける際には、知っておくべきマナーがあり、知らずに何気なく電話をかけていたりすることでマナー知らずな人間だと思われているかもしれません。マナーを知らない人間だと評価を下げてしまうことの無いように、これらのビジネスマナーはしっかりと押さえておきましょう。


電話をかける前の準備が大切

まず大事なのは「電話をかけるまえの事前準備」です。どんな要件なのか、何を伝える電話なのか、まずは自分の中で要件を整理した上で電話をかけるようにしましょう。電話をかけるということは、上司の時間と手間を取ることでもあります。いざ電話をかけたものの、頭の中で要件が整理されておらず、何を言っているのかわからないと思われないように、まずはしっかりと整理した上で電話をかけるようにしましょう。電話におけるビジネスマナーは、実際に話す内容やかけるタイミングなどを気にかける人が多いのですが、かける前の準備も非常に大切です。


挨拶と言葉遣いに十分注意すること

上司への電話において、第一声はまず挨拶からになると思いますが、ここでは正しい言葉遣いで正しい挨拶を行うようにしましょう。例えば一口に上司と言っても、直属の上司や、部署の違う上司、など様々な関係性が考えられます。そうした関係性などもしっかりと考えた上で、どのような挨拶が適切かに注意することが大切です。

正しい挨拶、正しい言葉遣いは社会人としての最低限のビジネスマナーだと言えます。電話口となるとどうしてもこうした意識が低くなることも多く、正しい挨拶が出来ないことが自信の評価を下げてしまうことにも繋がりかねません。特に普段接点の少ない上司への電話などであれば、それは数少ない評価の場ともなり得ます。不必要にマイナスな印象を与えることの無いよう十分に注意するようにしましょう。


時間帯は十分気をつける

同僚などへの電話でもそうかもしれませんが、上司への電話においてはかける時間帯などにも十分気をつけましょう。やはり遅い時間帯での電話は基本的に避けたいところで、内容によって今すぐかけるべきことなのかを判断するようにしましょう。もちろん内容次第では遅い時間帯であっても電話をかけなければいけない場面があるはずです。そうした場合においては、まず遅い時間に電話をかけてしまったことをお詫びし、要件は簡潔に伝えるようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…
  2. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  3. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  2. 会社によって「主任」の役割や位置付けは多少異なりますが、平社員の次の役職・階級となるのが「主任」とな…
  3. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
  4. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  5. ビジネスでよく用いる言葉でありながらよく似ているために、意味の違いが明確でない、ぼんやりしているとい…
  6. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
ページ上部へ戻る