上司に電話をかけるときに押さえておくべきビジネスマナー

社会人になると知らないでは済まされないビジネスマナー。普段何気なくかけている電話においても押さえておくべきビジネスマナーがあります。特に上司に電話をかける際には、知っておくべきマナーがあり、知らずに何気なく電話をかけていたりすることでマナー知らずな人間だと思われているかもしれません。マナーを知らない人間だと評価を下げてしまうことの無いように、これらのビジネスマナーはしっかりと押さえておきましょう。


電話をかける前の準備が大切

まず大事なのは「電話をかけるまえの事前準備」です。どんな要件なのか、何を伝える電話なのか、まずは自分の中で要件を整理した上で電話をかけるようにしましょう。電話をかけるということは、上司の時間と手間を取ることでもあります。いざ電話をかけたものの、頭の中で要件が整理されておらず、何を言っているのかわからないと思われないように、まずはしっかりと整理した上で電話をかけるようにしましょう。電話におけるビジネスマナーは、実際に話す内容やかけるタイミングなどを気にかける人が多いのですが、かける前の準備も非常に大切です。


挨拶と言葉遣いに十分注意すること

上司への電話において、第一声はまず挨拶からになると思いますが、ここでは正しい言葉遣いで正しい挨拶を行うようにしましょう。例えば一口に上司と言っても、直属の上司や、部署の違う上司、など様々な関係性が考えられます。そうした関係性などもしっかりと考えた上で、どのような挨拶が適切かに注意することが大切です。

正しい挨拶、正しい言葉遣いは社会人としての最低限のビジネスマナーだと言えます。電話口となるとどうしてもこうした意識が低くなることも多く、正しい挨拶が出来ないことが自信の評価を下げてしまうことにも繋がりかねません。特に普段接点の少ない上司への電話などであれば、それは数少ない評価の場ともなり得ます。不必要にマイナスな印象を与えることの無いよう十分に注意するようにしましょう。


時間帯は十分気をつける

同僚などへの電話でもそうかもしれませんが、上司への電話においてはかける時間帯などにも十分気をつけましょう。やはり遅い時間帯での電話は基本的に避けたいところで、内容によって今すぐかけるべきことなのかを判断するようにしましょう。もちろん内容次第では遅い時間帯であっても電話をかけなければいけない場面があるはずです。そうした場合においては、まず遅い時間に電話をかけてしまったことをお詫びし、要件は簡潔に伝えるようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事のミスが多い人の6つの特徴

    仕事のミスは誰しも起こり得ること。不注意によるミスもあれば、不可避のことだって中にはあるでしょう。し…
  2. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…
  3. 営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    入社した会社で営業職として働くことになった場合、ビジネススーツの着用が必須といえます。営業マンは社外…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  2. 取引先を怒らせた営業マンの失敗談と4つの対処法
    「自身のミスが原因で取引先に迷惑をかけてしまった」 「激怒した取引先から本社に大クレームが…
  3. 営業マンの皆さんの中には、日々作成しなければならない営業日報に「苦痛」を感じている方は多いのではない…
  4. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  5. 女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆる…
  6. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
ページ上部へ戻る