仕事の電話で「もしもし」はNG!代わりに使う正しい言葉・ビジネスマナー

会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒られてしまった後かもしれませんが、会社の電話で「もしもし」はNGです。会社の電話を取ったときに言うべき言葉は会社ごとに決められていることが多いですが、「はい、株式会社○○です。」や「お電話ありがとうございます。株式会社○○です。」というような受け答えが多いです。このように電話の受け答えだけでもいくつも守らなければならないマナーや言葉遣いがあり、ビジネスマナーとして知っておかなければならないでしょう。そんな電話の受け答えの言葉やマナーを紹介していきます。


会社の電話を取るときのマナー

電話をとるときのマナー会社の電話が鳴った場合は3コール以内に取るようにしましょう。電話をかけてくる方をお待たせすることは失礼に当たるため、できる限り早く取るように心がけることが大切です。次に会社名を名乗り、相手が名前を名乗ったら「いつもお世話になっております」などの挨拶を忘れずに行いましょう。もし相手が名乗ってこない場合は名前を聞くことを忘れずに行います。

用件と名前が一致しなければほかの人に引き継ぐこともできないため、名前と用件はしっかりとメモし、正確に引き継ぎを行いましょう。電話を引き継ぐときは「少々お待ちください」など、相手を待たせる旨を伝え、ほかの人に引き継いで、電話の応対は終了です。もし引き継ぎではなく、連絡だけの場合は内容をしっかりとメモし、相手が電話を切るのを待って、丁寧に電話を切るようにします。このように電話の受け答えを行うと失礼な印象を与えることがないです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…
  2. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    これから営業職として働く予定の人、営業という仕事をもっと理解したいと思っている人に向けて、営業職の仕…
  3. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  2. 【ビジネスマン必見】読み間違いしやすい漢字20選
    間違うと恥ずかしい!読み間違いしやすい漢字20選 それでは、ビジネスシーンで使う機会の多い漢字のな…
  3. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  4. 「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はあ…
  5. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  6. あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…
ページ上部へ戻る