仕事の電話で「もしもし」はNG!代わりに使う正しい言葉・ビジネスマナー

会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒られてしまった後かもしれませんが、会社の電話で「もしもし」はNGです。会社の電話を取ったときに言うべき言葉は会社ごとに決められていることが多いですが、「はい、株式会社○○です。」や「お電話ありがとうございます。株式会社○○です。」というような受け答えが多いです。このように電話の受け答えだけでもいくつも守らなければならないマナーや言葉遣いがあり、ビジネスマナーとして知っておかなければならないでしょう。そんな電話の受け答えの言葉やマナーを紹介していきます。


会社の電話を取るときのマナー

電話をとるときのマナー会社の電話が鳴った場合は3コール以内に取るようにしましょう。電話をかけてくる方をお待たせすることは失礼に当たるため、できる限り早く取るように心がけることが大切です。次に会社名を名乗り、相手が名前を名乗ったら「いつもお世話になっております」などの挨拶を忘れずに行いましょう。もし相手が名乗ってこない場合は名前を聞くことを忘れずに行います。

用件と名前が一致しなければほかの人に引き継ぐこともできないため、名前と用件はしっかりとメモし、正確に引き継ぎを行いましょう。電話を引き継ぐときは「少々お待ちください」など、相手を待たせる旨を伝え、ほかの人に引き継いで、電話の応対は終了です。もし引き継ぎではなく、連絡だけの場合は内容をしっかりとメモし、相手が電話を切るのを待って、丁寧に電話を切るようにします。このように電話の受け答えを行うと失礼な印象を与えることがないです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  2. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…
  3. 温厚な人の10の特徴

    温厚な人の10の特徴

    温厚な人や穏やかな人は、優しい人柄のため、一緒にいるだけでこっちも穏やかな気持ちになれるくらい、居心…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  2. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  3. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
  4. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  5. 体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった…
  6. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
ページ上部へ戻る