チームワークを乱す人の特徴と対処法

チームワークの重要性が叫ばれる一方で、「良い」チームを作ることは非常に難しく、チームワークを乱す人も一定数出てきます。チームの輪を乱す人が出てきた場合、そのチームに対して何かしら改善が必要であるということでもあります。そうなるとチームのルールや目標の確認・改善、チームの再構成をしながら業務改善に建設的に動くこともあるでしょう。今回はチームワークを乱す人の特徴とその対処法について解説していきます。

チームワークを乱す人の5つの特徴

チームワークを乱す人の5つの特徴

(1)チームメンバーを信頼していない

チームやメンバーに不信感を持っている人は、協力体制にならない可能性があります。メンバー間の関係性を亀裂が生じたままにしておくと、業務上の些細なミスや過失が責任の擦り付けあいに発展し、最終的にはチームをバラバラにしてしまいます。チームワークは信頼関係を築くことが必要不可欠。他のチームメンバーとの関係性を観察してみましょう。

(2)与えられている役割に不満を持っている

チーム内で与えられている役割がメンバーに合っていない場合、チームを乱すことで不満を表現している可能性があります。その場合にはメンバーの個性や能力に本当にあっている役割か、ということを確認する必要があるでしょう。また、ここで本人のスキルからすると難しすぎる仕事を与えた場合にも不満を持つ人は出るのですが、逆に単調な単純作業に不満を持ってしまうことも考えられます。その場合には多様なレベル・種類の仕事を任せて能力や適性を図りましょう。

(3)チームで共有している目標に納得していない

チームで共有されている目標に納得がいっていない場合、チームに参加する意義を感じれない人は輪を乱す可能性があります。例えばチームで共有されている目標が社会的に意義のないことである場合や、はじめから実現が難しそうである場合などが考えられます。目標を共有する前に、その目標の意義や将来のビジョンも伝えることが大切です。もしメンバーの表情や仕草から腹落ち感がないと思ったら、頭ごなしに押し付けるのではなく、メンバーの持つプランに聞く耳を持ち、話し合うべきでしょう。

(4)チーム内で共有されている文化に不満を持っている

チーム内でコミュニケーションに問題がある場合、チームワークを乱す人が出てくる可能性があるとも言えます。例えば性別・年齢・学歴・出身地などによる差別が行われている場合には排斥感覚を感じるため、チームに協力しようという意識は薄れやすいと考えられます。

(5)ストレスがたまっている

チームの内部とは関係なく、家族関係や他の人間関係においてストレスを溜めている場合にはチームワークにも影響を及ぼすことが考えられます。ワークライフバランスと言われるように生活における労働の見直しが行われるようになってきているため、長時間労働・ハラスメントなどを強いている場合にもこのような問題が発生しやすいと考えられるでしょう。

チームワークを乱す人への3つの対処法

チームワークを乱す人への3つの対処法

(1)対話を行う

まずはチームワークを乱す原因となっている人に原因を聞いてみましょう。でも実はほとんどの場合で、本人にも原因がわかっていないことが多いのです。そのため、場当たり的な話し合いでは効果がありません。解決するまでじっくり対話する必要があります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 5W1Hの意味・使い方

    ビジネスシーンにおいて、会話や報告書、メールを通じてコミュニケーションをとる場合、5W1Hを踏まえて…
  2. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  3. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  2. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
  3. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  4. 営業マンが外回りの営業活動を行う場合に携帯していると便利で重宝するアイテムを挙げるとしたら、皆さんは…
  5. 企業によっては朝礼でスピーチが行われるところも多いのではないでしょうか。順番で担当が変わるような場合…
  6. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
ページ上部へ戻る