ビジネスマナーを心得た取引先でお茶を飲む適切なタイミング

取引先でお茶を出された際に、お茶を飲んでしまうと失礼に当たり、二度と会ってくれなくなるなど言われることがありますが、実際はどうなのでしょうか。また、飲むとしてもどのようなタイミングで飲んだら失礼に当たらないのでしょうか。意外と難しい取引先でのお茶を飲むタイミングやマナーについて紹介します。


取引先で出されたお茶を飲むタイミング

お茶マナーまず、取引先でお茶を飲んでも失礼に当たることはほとんどありません。相手も飲んでもらうために出していることが多いため、タイミングさえ間違えなければ飲んで良いでしょう。しかし、このタイミングがとても重要です。大切な話をしている途中であったり、話の腰を折ってしまうタイミングでは失礼になってしまいます。

まず、お茶を飲むタイミングとしては、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに飲むことが大切です。たとえばお茶を出されたタイミングで、先方の方が「どうぞ」と声をかけてくれるため、「いただきます」と一言断り、一口飲むことでスムーズにお茶を飲みやすくなるでしょう。また、先方が声をかけてくれなかった場合は、話の腰を折らないタイミングで、「いただきます」と断り、飲むようにするとよいです。


周りに合わせることも大切

たとえば上司とともに取引先へ訪問してる時に、上司がお茶を飲まないのに、部下がお茶に手を出してはおかしな印象を与えてしまいますし、上司も良い顔をしないでしょう。そのため、周りの状況に合わせてお茶を飲むかどうか決めることも大切です。また、会議が長引いてしまう時などでお茶を飲みきっても特に問題はないため、のどが乾燥したり、咳が出た時には断ってからお茶をいただくようにするとよいでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  2. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  3. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  2. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
  3. ビジネスマンが会社を退職した場合には、会社での手続きだけでなく出来るだけ早めに自分で役所へ向かい、行…
  4. 体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった…
  5. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  6. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
ページ上部へ戻る