ビジネスマナーを心得た取引先でお茶を飲む適切なタイミング

取引先でお茶を出された際に、お茶を飲んでしまうと失礼に当たり、二度と会ってくれなくなるなど言われることがありますが、実際はどうなのでしょうか。また、飲むとしてもどのようなタイミングで飲んだら失礼に当たらないのでしょうか。意外と難しい取引先でのお茶を飲むタイミングやマナーについて紹介します。


取引先で出されたお茶を飲むタイミング

お茶マナーまず、取引先でお茶を飲んでも失礼に当たることはほとんどありません。相手も飲んでもらうために出していることが多いため、タイミングさえ間違えなければ飲んで良いでしょう。しかし、このタイミングがとても重要です。大切な話をしている途中であったり、話の腰を折ってしまうタイミングでは失礼になってしまいます。

まず、お茶を飲むタイミングとしては、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに飲むことが大切です。たとえばお茶を出されたタイミングで、先方の方が「どうぞ」と声をかけてくれるため、「いただきます」と一言断り、一口飲むことでスムーズにお茶を飲みやすくなるでしょう。また、先方が声をかけてくれなかった場合は、話の腰を折らないタイミングで、「いただきます」と断り、飲むようにするとよいです。


周りに合わせることも大切

たとえば上司とともに取引先へ訪問してる時に、上司がお茶を飲まないのに、部下がお茶に手を出してはおかしな印象を与えてしまいますし、上司も良い顔をしないでしょう。そのため、周りの状況に合わせてお茶を飲むかどうか決めることも大切です。また、会議が長引いてしまう時などでお茶を飲みきっても特に問題はないため、のどが乾燥したり、咳が出た時には断ってからお茶をいただくようにするとよいでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【新入社員必見】使えない部下の7つの特徴

    仕事の年数を重ねたベテラン社員になると、会社の中枢を担う「出世組」といつまで経っても「平社員」の2つ…
  2. 【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    営業部門の課題としてよくあげられることに「営業担当が受け持つそれぞれの顧客との取引状況が管理・把握で…
  3. 就活・転職の面接で好印象を与える逆質問例

    面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
  2. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  3. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  4. 転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…
  5. デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
  6. 「承認」も「承諾」もビジネスにおいてよく用いる言葉でありながら言葉も意味も大変似ていることから、明確…
ページ上部へ戻る