所得税と住民税の違いと計算方法

・所得税・・・累進課税。所得額に応じて5%~最大40%の6段階の税率がある。
・地方税・・・一律10%(内訳として市町村民税が6%、都道府県民税が4%)

尚、地方税は一律10%の税金以外に「均等割」といって、所得額に関係なく課される年間数千円程度の税金が加わります。この均等割こそが、①で紹介した、住んでいる自治体による税額上の違いにもなってきます。


所得税と住民税の違い④「所得控除額」

所得税と地方税では「所得控除額」も異なります。主なものをいくつか紹介すると次のような違いがあります。

・基礎控除・・・・所得税38万円、住民税33万円
・配偶者控除・・・所得税38万円、住民税33万円
・扶養控除・・・・所得税38万円、住民税33万円
・生命保険料控除・所得税12万円、住民税7万円


所得税と住民税の計算方法

所得税と住民税は②~④で紹介した税率と所得控除額の違いはありますが、基本的な計算方法の考え方はほぼ同じです。

・所得税額=(所得額-所得控除額)×累進での税率-税額控除額
・住民税額=(所得額-所得控除額)×10%の税率-税額控除額+住民税均等割額

上記のうち「所得控除額」とは税金の計算をする際に所得金額から差引いておくものであり、「税額控除額」とは課税される税金から差引くもので住宅ローン控除や寄付金控除などがあります。

最後に所得税と住民税では納める時期や回数も本来異なりますが(所得税が年1回で3月15日まで・住民税は6月末、8月末、10月末、1月末の年4回)、サラリーマンの方は原則毎月の給与から納めていますのでそれほど意識する必要はない違いと言えます。また、ご紹介した税率や控除額は税制改正等によって今後変更される可能性がありますので、最新の税制については常に関心を払うようにすることが大切です。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  2. トップ営業マンが実践している7つのポイント

    今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  3. 自己評価が高い人・自己評価が低い人に共通する5つの特徴

    自己評価とは「自分で自分についての評価をすること」。自己評価をする目的は、目標に対する実績や行動を自…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった…
  2. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  3. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
  4. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  5. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
  6. 面接試験では「定番」と呼ばれる質問事項がいくつかありますが、今回のテーマである「最近気になったニュー…
ページ上部へ戻る