所得税と住民税の違いと計算方法

毎月の給与から徴収される税金には所得税と住民税の二種類がありますが、この両者の具体的な違いや計算方法について問われた場合、スムーズに回答できる方は少ないのではないでしょうか。ここでは所得税と住民税の違いや計算方法についてわかりやすく解説致します。


所得税と住民税の違い①「国税と地方税」

所得税と住民税の初歩的な違いから確認しますと所得税は「国税」、即ち国に納める税金であるのに対し、住民税は「地方税」で皆さん自身が住んでいる都道府県と市町村に納める税金です。共に法律によって定められた税率や基準に基づいており原則として全国一律です。ただし、皆さんが住む地域によっては地方税に限り年間数千円程度でながら違いが生じる場合があります。もっとも、年間数千円ですから月額にした場合は数百円の差となりますので大差を感じるような違いではありません。


所得税と住民税の違い②「課税対象となる所得時期」

所得税と住民税の違いで最も大きいと言って良い違いが、課税対象となる所得時期が異なる点です。

・所得税・・・その年の所得に課税
・住民税・・・前年の所得に課税

このため高額年棒を得ていたプロ野球選手が、引退した翌年に多額の住民税を請求されるために支払えなくなってしまうといった事例が生じるのも、こうした課税対象年度の違いを認識していなかったことが原因と言えます。

では、この点でサラリーマンにとって一番気になるのは退職金を受け取った場合の住民税ですが、退職金については例外的に受け取ったその年に課税されますので次年度に課税請求されるという心配はありません。


所得税と住民税の違い③「税率」

所得税と地方税では税率も異なりますが、地方税は次のとおりシンプル税率なのでこの機会にぜひ覚えておいてください。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…
  2. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  3. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
  2. 就職活動の最難関といえる面接。中途採用の面接で不合格の通知がきてガッカリした経験をしたことがある人は…
  3. 営業マンの皆さんの中には、日々作成しなければならない営業日報に「苦痛」を感じている方は多いのではない…
  4. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
  5. 給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつか…
  6. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
ページ上部へ戻る