所得税と住民税の違いと計算方法

毎月の給与から徴収される税金には所得税と住民税の二種類がありますが、この両者の具体的な違いや計算方法について問われた場合、スムーズに回答できる方は少ないのではないでしょうか。ここでは所得税と住民税の違いや計算方法についてわかりやすく解説致します。


所得税と住民税の違い①「国税と地方税」

所得税と住民税の初歩的な違いから確認しますと所得税は「国税」、即ち国に納める税金であるのに対し、住民税は「地方税」で皆さん自身が住んでいる都道府県と市町村に納める税金です。共に法律によって定められた税率や基準に基づいており原則として全国一律です。ただし、皆さんが住む地域によっては地方税に限り年間数千円程度でながら違いが生じる場合があります。もっとも、年間数千円ですから月額にした場合は数百円の差となりますので大差を感じるような違いではありません。


所得税と住民税の違い②「課税対象となる所得時期」

所得税と住民税の違いで最も大きいと言って良い違いが、課税対象となる所得時期が異なる点です。

・所得税・・・その年の所得に課税
・住民税・・・前年の所得に課税

このため高額年棒を得ていたプロ野球選手が、引退した翌年に多額の住民税を請求されるために支払えなくなってしまうといった事例が生じるのも、こうした課税対象年度の違いを認識していなかったことが原因と言えます。

では、この点でサラリーマンにとって一番気になるのは退職金を受け取った場合の住民税ですが、退職金については例外的に受け取ったその年に課税されますので次年度に課税請求されるという心配はありません。


所得税と住民税の違い③「税率」

所得税と地方税では税率も異なりますが、地方税は次のとおりシンプル税率なのでこの機会にぜひ覚えておいてください。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業ができる人とできない人の3つの違い

    営業マンの評価は「営業成績」で決まるといっても過言ではありません。 そのため、営業の世界は…
  2. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  3. 初任給で親に贈りたいプレゼントランキングベスト10

    新社会人として初めて会社から支給される初任給。これをどう使うかワクワクしながら考えている方も多いので…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  2. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  3. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  4. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
  5. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
  6. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
ページ上部へ戻る