所得税と住民税の違いと計算方法

毎月の給与から徴収される税金には所得税と住民税の二種類がありますが、この両者の具体的な違いや計算方法について問われた場合、スムーズに回答できる方は少ないのではないでしょうか。ここでは所得税と住民税の違いや計算方法についてわかりやすく解説致します。


所得税と住民税の違い①「国税と地方税」

所得税と住民税の初歩的な違いから確認しますと所得税は「国税」、即ち国に納める税金であるのに対し、住民税は「地方税」で皆さん自身が住んでいる都道府県と市町村に納める税金です。共に法律によって定められた税率や基準に基づいており原則として全国一律です。ただし、皆さんが住む地域によっては地方税に限り年間数千円程度でながら違いが生じる場合があります。もっとも、年間数千円ですから月額にした場合は数百円の差となりますので大差を感じるような違いではありません。


所得税と住民税の違い②「課税対象となる所得時期」

所得税と住民税の違いで最も大きいと言って良い違いが、課税対象となる所得時期が異なる点です。

・所得税・・・その年の所得に課税
・住民税・・・前年の所得に課税

このため高額年棒を得ていたプロ野球選手が、引退した翌年に多額の住民税を請求されるために支払えなくなってしまうといった事例が生じるのも、こうした課税対象年度の違いを認識していなかったことが原因と言えます。

では、この点でサラリーマンにとって一番気になるのは退職金を受け取った場合の住民税ですが、退職金については例外的に受け取ったその年に課税されますので次年度に課税請求されるという心配はありません。


所得税と住民税の違い③「税率」

所得税と地方税では税率も異なりますが、地方税は次のとおりシンプル税率なのでこの機会にぜひ覚えておいてください。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  2. 有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    「有給休暇は、労働者の権利」とは分かっていても、自分が有給休暇を取ってしまうと、周囲に迷惑を掛けてし…
  3. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 商品の販売やサービスを行っている会社の多くは、クレーム対応の窓口を設けているところがたくさんあります…
  2. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  3. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
  4. 「あれ、そろそろ就業時間なのに、あいつまだ出社してないな。」 「まさか、また遅刻…!?」 給料…
  5. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  6. 社会人になると知らないでは済まされないビジネスマナー。普段何気なくかけている電話においても押さえてお…
ページ上部へ戻る