顧客との良好な関係を築く「ラポール」とは【例文付き】

顧客「近頃、売り上げが落ち込んでいてどうしたらいいものか・・・」
営業「そうなんですね。売り上げが落ち込んでらっしゃる・・・。」
顧客「競合の勢いがよくて、こちらはすっかり押されてしまっていてね。」
営業「競合の勢いがすごいのですか、それは困りますね」
顧客「何かいいアイディアない?」
営業「いいアイディアですか? わが社のこちらの商品は・・・」

このように、完全にオウム返しをするのではなく、ところどころを真似ることで自然なバックトラッキングができます。同じ言葉を繰り返すことで、相手は「自分をわかってもらえている」という感覚を覚えます。肯定してもらえたという安心感がラポール形成につながるのです。


売り込む前にラポール形成を!

ラポールが形成されていない状態で売り込みをしても、まだ警戒されている状態ですからなかなかうまくいきません。最初はしぐさを真似ること、次に口調、話し方を真似ること、最後に同じ言葉を繰り返すこと・・・この3点ができてから売り込みをかける方が格段に営業がうまくいくようになります。

まずは一般的な話からスタートして、相手の話をしっかり聞きながらラポールを形成していくことを意識しましょう。ある程度心を開いてくると、抱えている問題を打ち明けてくれるようになります。それこそがラポールが築かれている証です。売り込みをはじめるサインを見逃さないようにしましょう。ただし、ラポールが形成されたからといって安心してはいけません。今後もペーシング、ミラーリング、バックトラッキングを駆使しながら信頼が損なわれることがないように努力していく必要がありますラポールのテクニックは、経験を積むほど違和感なく自然にできるようになってきます。焦らず慌てず、経験を積んでいきましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    仕事帰りに「ちょっと一杯飲みに行くか!」と部下を連れて飲みに行くのはよくある光景です。部下や後輩との…
  2. 圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

    就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
  3. 人に好かれる人の特徴10選

    誰しも人から好かれたいという気持ちを持っています。ですが同じように接しているのに、気が付けば人に好か…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  2. 負けず嫌いな性格の人の7つの特徴
    あなたの会社に、負けず嫌いな人はいるでしょうか。周囲の人よりも良い成績を出したいという強気でアグレッ…
  3. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  4. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  5. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  6. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
ページ上部へ戻る