顧客との良好な関係を築く「ラポール」とは【例文付き】

ラポールは、営業担当者であるなら必ず意味は知っておかなければならないほど大切な言葉です。ラポールを日本語に訳すと「信頼関係」となります。営業をする以上、顧客から信頼されないというのは致命的です。ラポールは「ラポールを形成する」とか「ラポールが築かれる」といった使い方をします。誰でも、この人なら任せられる、一緒に仕事をしたいなど、安心感や信頼感を感じられる人を周りに集めたくなります。つまり、ラポール形成は非常に重要な営業テクニックなのです。そして、ラポール形成は特別難しいものではなく慣れれば自然とできるテクニックでもあります。そこで、顧客との間にラポールを築くためにはどうしたら良いか、例文を交えながらまとめてみました。


①ミラーリング

ミラーは日本語で「鏡」です。つまり、相手のしぐさを鏡のように真似るということです。何から何まで真似てはあまりにも不自然ですが、顧客が飲み物を口にしたときはこちらも飲み物を飲むといった具合です。髪を触ったときは、同じように髪を触ります。なぜミラーリングでラポール形成ができるのかというと、同じしぐさをする人に安心感、好感を持つからです。


②ペーシング

ペーシングは話し方を真似る方法です。人それぞれ、話し方には特徴があります。穏やかに話す人もいれば、いつも早口でまくしたてるように話す人もいます。この口調に自分が合わせることで、相手とラポールが築けると言われています。相手が早口ならこちらも早口で、反対にゆっくり口調ならこちらもゆっくり口調にします。これを逆にしてしまうと一気にラポールは崩れてしまいます。早口な人にゆっくりと話しかけると、相手はイライラすることが多いですし、ゆっくり話す人に早口で話しかけると、相手は怖さを感じることが多いです。


③バックトラッキング

ペーシングの延長線上にバッグトラッキングというやり方があります。バックトラッキングを一言でいうなら「オウム返し」です。ただし、何でもかんでもオウム返しをしていればいいということではありません。要所要所でポイントを押さえて、同じ言葉を繰り返すのです。ここで例文を挙げてみましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…
  2. 「思い」と「想い」の意味・違い

    「思い」と「想い」の意味・違い

    日本語には多くの同音異義語がありますが、一見同様に見える言葉にも、日本語には「微妙なニュアンス」の違…
  3. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  2. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  3. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  4. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  5. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
  6. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
ページ上部へ戻る