「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのような意味を持っている言葉なのか、正確に理解できているでしょうか。今回は「お大事に」の意味や、用いるシーンなど、具体的に見ていきたいと思います。

「お大事に」の正しい意味

「お大事に」という言葉は、風邪などの病気にかかっていたり、体調を崩している方に対して「お体を大事にしてください」「早く良くなってください」という意味で使われます。また「お大事に」には「お身体が大事に至りませんよう、ご自愛ください」といった意味も込められています。また「お大事に」と同様に使われることの多い「ご自愛ください」という言葉も、相手を気遣い、体調の回復を祈る意味が込められています。

「お大事に」は目上の方に使っても問題ないか

「お大事に」は目上の方に使っても問題ないか

上司や会社の先輩など、目上の人に対して「お大事に」という言葉を使うことについて、何となく上から目線のように感じてしまい、使用を躊躇してしまう方も多いことでしょう。しかし、「お大事に」という言葉には前述したとおり、「お身体が大事に至りませんよう、ご自愛ください」といった相手を気遣う意味が込められているため、上司など目上の方に使っても問題ありません。

本来の意味から考えると「お大事に」のフレーズだけでも丁寧な表現になるのですが、日本語の文脈上、目上の人からすると失礼に聞こえてしまう場合もあります。そのため「お大事になさってください」「お大事にしてください」など、より丁寧な言い方を心がける配慮も必要です。

自分の体調が芳しくないときに「お大事に」と声を掛けてもらえると、ありがたく感じるものです。相手が上司の場合、「お大事になさってください」「ご自愛ください」と心を込めて伝えましょう。

「ゆっくり休んでください」を上司に言うのはNG?

「お大事になさってください」は「ゆっくり休んでください」という言葉を、より丁寧な表現で伝える敬語です。ですがそもそも「ゆっくり休んでください」は、相手が目上の人でも失礼な言い回しには当たらないので、使用しても問題ありません。念には念を入れるなら、「お大事になさってください」と伝えることをお勧めします。

相手が快方に向かっているときの声掛けマナー

また、上司の体調が回復して出社してきた際には、顔を合わせたときに「顔色が良いので安心しました」「あまり無理をなさらないようにお願いします」などの声を掛けるだけで、上司は「自分のことを気遣ってくれている」と感じ、好印象を与えることができるでしょう。

ただし、相手を気遣うこれらの言葉は、むやみに使用するものではありません。使いすぎてしまうと、相手に媚びを売っていると取られてしまい、周囲の人から白い目で見られる可能性もあります。要所で適度に伝えることを心がけましょう。

「お大事に」の例文を紹介

続いては、実際のビジネスの場面で「お大事に」を使うときの例文を以下にご紹介します。

目上の相手に直接「お大事に」と伝える場合

「ご無理なさらず、お大事にどうぞ」 「どうかお大事に、一日も早く回復なさってください」

直接「お大事に」と伝えるときは、あまり長々と言葉をつなげる必要はなく、気持ちを伝えることができればよいでしょう。

上司にメールで「お大事に」と伝える場合(病気のお見舞い)

◯◯課長

お疲れ様です。営業部の◯◯です。

ご入院されたと聞き、突然のことに大変驚いております。
その後のご病状はいかがでしょうか?心からお見舞い申し上げます。

平素、仕事ひと筋にてお過ごしでいらっしゃったために、
ご心労も多々おありであろうかと拝察いたしております。

ご多忙の御身であり、思うようにはならないかと存じますが、
どうか体をお休めになり、お大事になさってください。

失礼いたします。

メールの場合には相手の体調を思いやる文章を添えることが大切です。「お大事に」は、相手を気遣う言葉であり、風邪などの病気になった相手に挨拶表現として使用するのはマナーでもあります。特にビジネスシーンでは敬語の使い方にも気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…
  2. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…
  3. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  2. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  3. デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
  4. 腹黒い人の6つの特徴と対処法
    あなたの周りに「腹黒い」との評価を受けている人はいませんか?あるいは、ある人の腹黒い行動に悩まされな…
  5. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
  6. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
ページ上部へ戻る