体育会系男子の15の特徴

体育会系男子の15の特徴

スポーツマンでモテルイメージがある体育会系の男子。たくさんの人がいてもなぜか目立ってしまいますね。体育会系男子は恋愛にも仕事にも積極的にガンガン行くように見えます。見た目は強そうで心もタフな印象がありますね。それでは実際の体育会系男子はどのような人なのでしょうか。今回は体育会系男子の特徴に迫ります。

体育会系男子の15の特徴

なにかと注目を集めがちな体育会系男子、彼らの特徴を考えてみましょう。

1.上下関係に厳しい

体育会系といえば、上下関係が厳しいというイメージがありますね。つまりは礼節を重んじる習慣があるということになります。目上の者を敬う礼儀正しい人物でもあります。

2.負けず嫌い

体育会系男子は長い間スポーツに打ち込んできた人です。スポーツといえばもちろん勝敗がつきものですね。勝ち負けにこだわって活動してきたため「負ける」ということが大嫌いです。「勝つこと」「一番になること」が好きな傾向がみられます。

3.目標を持つことができる

スポーツといえば目標がつきものです。「相手に勝つ」「○○の大会で優勝する」など、常に目標を掲げて活動してきました。そのため目標に向かって頑張っていくということが得意です。仕事に関しても一つの目標を持つことによりやる気が違ってくるのです。

4.明るく人気者

体育会系男子は明るい人が多い傾向にあります。性格もおおらかで常に話題の中心にいる存在でもあります。そうしたことから人気者も多くいます。

5.モテるタイプが多い

体育会系男子はその明るいキャラクターから女子にモテる人が多くいます。スポーツに向けていたパワーを女子に向けることになるので情熱的なタイプでもあります。

6.おしゃべりな人が多い

スポーツには自己アピールが大切です。そうしたことから常に注目を集めるということを好みます。会話の中でも話の中心にいて、身振り手振りを交えて話す人が多いでしょう。

7.とことん落ち込む

勝ち負けに敏感であるスポーツをしてきたことから物事の勝敗にこだわります。いわゆる「勝者」という立場の場合はもちろん問題ありませんが、「敗者」になってしまった場合、とことん落ち込みます。「勝ち」にこだわり全力で臨んできたため落差も大きくなります。しかし、自力で回復できる能力もあるので、回復を待ちましょう。

8.仲間意識が強い

体育会系男子は情に厚いという傾向があります。仲間が困っているときには助けずにはいられないのです。そのため喜怒哀楽も一緒になって受け止めてくれます。喜ぶときはともに喜んでくれるうえに、悲しい時には一緒に泣いてくれる、そういう一面も持ち合わせており、優しいタイプでもあるのです。

9.小心者でもある

勝ち負けにこだわるため、周りの評価をとても気にします。スポーツをしていた時に目立つ存在であった人ほど、その傾向が濃いといえます。TOPをキープすることを目標としていたため、周囲の評価や反応が非常に気になるのです。結果、些細なことが気になる小心者でもあります。

10.落ち着きがない

いつも体を動かしていないと落ち着かないといったことも体育会系男子の特徴です。黙っていられないことから落ち着きのない人に見られることもしばしばです。

11.集中力がある

「落ち着きがない」と相反する言葉のようですが、体育会系男子は集中力もあります。身体を動かすのが好きなため落ち着きがないように見えますが、心は落ち着いているのです。ものごとに集中して取り組む力を持っています。

12.主観で判断する

物事を主観的に判断する傾向があるのも体育会系の人にはよく見られることです。特に主力選手として活躍していた人に多く見られることですが、さまざまなことを主観的に捉えることからわがままと見られることもしばしばです。

13.決断力や行動力がある

体育会系男子は一本筋の通った人物です。きちんとした信念を持っていることから決断力も行動力も持ち合わせています。もちろんしっかりとした実力が伴うので信頼するに値します。

14.上から目線になりがち

上下関係に厳しいことから、友人や彼女といった間柄にも上下関係を当てはめる傾向があります。とくに女性との関係の場合、男性主導になってしまい上から目線になるということもあるでしょう。ただ、そうしたことから、女性は弱い存在と考え彼女を守ってあげるというナイト的な存在になるということもあります。

15.自意識過剰な面も

体育会系というと目立ちやすい傾向にあります。そうしたことを自身も把握しているため、周囲の目線を意識する傾向があります。常にみられているという意識が高いことから自意識過剰な面もあります。

さいごに

体育会系男子の特徴についてお伝えしました。体育会系の男子は礼儀正しかったり仲間意識が強かったり、さまざまな良い点があります。少し男臭いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、体育会系男子の特徴の良い部分を引き出すことによりこれ以上ない好人物になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…
  2. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…
  3. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 憧れの素敵な上司に共通する8つの特徴
    「部下から尊敬される人になりたい」 「好かれたい」 「カッコいいところを見せたい」 「頼りにさ…
  2. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  3. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  4. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  5. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  6. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
ページ上部へ戻る