タグ:転勤

  • 「転勤したくない」転職理由を面接官に納得してもらう伝え方のコツ4つ

    「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはできれば避けたいところです。その対策として転勤がない、もしくは転勤の可能性が低い転職先はありますが、それだけにこだわってしま…
  • 転勤の理由・必要性

    転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならないこともあり、転勤を命じられた本人にとっては一大事と言えます。そんな一大事にも関わらず、日本企業において転勤制度は「当たり…
  • 男性上司・同僚に贈る転勤祝いのプレゼント4選

    男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側としては転勤した後でも喜んでもらえる、そんな素敵なプレゼントを贈りたいものです。そこで、男性上司や同僚が転勤となった場合…
  • 人事異動や転勤を拒否したいときの断る理由4選

    人事異動の辞令によって転勤を命じられたとしても、内容によっては異動を受け入れがたいケースもあるはずです。そもそも入社時の応募条件で転勤有りが前提条件として明記されていた場合、拒否すべき理由があったとしても会社の辞令に従う…
  • 転勤時の準備チェックリスト完全版

    転勤が決まったら、公私共にやらなければならないことはたくさんありますよね。新しい生活を気持ちよくスムーズにスタートさせるためにも、ついうっかり必要な手続きを忘れてしまったといったことにならないようにしたいものです。そこで…
  • 【転勤時は要注意】人事異動の栄転と左遷の見極め方

    人事異動における「栄転」と「左遷」について、皆さんどのような基準で判断されているでしょうか。「栄転」か「左遷」かは個々の会社によって事情が異なります。ある会社では地方への異動は栄転の意味し、またある会社は左遷という場合が…

PICK UP 記事

  1. 上品な人の10の特徴

    2017-6-12

    上品な人が自然にできている10の共通する特徴

    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  2. 2016-2-11

    接待後のお礼メールと文例

    接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  3. 2015-7-13

    新入社員が上司との営業同行で押さえておくべき4つのポイント

    新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  4. 2016-5-19

    第二新卒が面接でアピールすべき3つのポイント

    学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  5. 2015-7-29

    【営業の心得】提案型営業とは

    提案型営業という言葉は近年良く聞かれるようになりましたが、改めて提案型営業とはどのようなものかと問わ…

ピックアップ記事

  1. おおらかな人の7つの特徴
    いつも優しくて穏やか、包容力を感じさせるような「おおらかな人」。そんなタイプには、つい頼りたくなった…
  2. 「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】
    職場には上司や先輩、部下など、役職の違う社員の人がたくさんいます。上司や先輩の名前を呼ぶとき、相手の…
  3. 営業でミスしたときの謝罪方法
    仕事のミスでお客様に迷惑をかけたとき、謝罪するのはビジネスの基本ルール。放置しておくとクレームになる…
  4. 日本語には多くの類似表現が含まれます。今回は「大事な人」と「大切な人」の違いについて記述します。「大…
  5. 些細な口論や大喧嘩をするなど、コミュニケーションが円滑に取れず感情的になって、言い争いになってしまう…

ピックアップ記事

  1. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  2. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  3. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  4. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  5. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  6. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
ページ上部へ戻る