タグ:文例

  • 久しぶりの相手に送るメールの書き方【例文】

    久しぶりの相手に送るメールの書き方【文例付き】

    日常でやりとりするプライベートのメールと違って、独特のルールがあるビジネスメール。冒頭の挨拶文と文末の締めの言葉は、とくに注意が必要です。 やり取りが頻繁にある取引先へのメールの挨拶文は「お世話になっております」が通例…
  • 上司への返信が遅れたときのお詫びメールの注意点・文例

    上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいくら本人が注意していても、例えば打ち合わせが長時間に及んだ、予定外の急な仕事が入ってしまった等々で返信メールを出しそびれて…
  • 移転祝いのメールを送るマナー・メール文例集

    お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでしょう。しかしながら移転祝いのメールはそう頻繁に作成する機会があるものではありませんので、いざ必要が生じた場合にどのような…
  • 接待後のお礼メールと文例

    接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのような文にすれば良いかお分りでしょうか。今回は接待後のお礼メールを送る場合、どのようなお礼の文章が望ましいのか具体的なケース…
  • 今更聞けない暑中見舞いを出す時期・書き方・文例について

    日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが多いですが、「暑中見舞い」も忘れてはならない夏における日本の慣習の一つと言って良いでしょう。お中元のお礼や結婚・出産の報…
  • 営業訪問後に送りたいお礼メール文例集

    商談後にお客様へ送るお礼メールは、感謝の気持ちを伝えるためのもの。送って悪い気がするなんてことは決してありません。ですが、メールを送る内容やタイミングには注意が必要です。これらを間違えば、メールを読んだ相手が不快に感じる…

PICK UP 記事

  1. 2016-3-30

    朝礼で話す雑学ネタ・スピーチ5選

    企業によっては朝礼でスピーチが行われるところも多いのではないでしょうか。順番で担当が変わるような場合…
  2. 2015-3-3

    職場の人間関係やストレスで仕事を辞めたいときの対処法

    職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  3. 2016-7-18

    年収700万円の給料手取り・貯金・家賃

    年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  4. 2016-3-19

    離職票の提出を会社が拒む場合の対処法

    退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  5. 2016-5-31

    「残業が多い」「休日が少ない」は面接時の転職理由で伝えてはいけない

    面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…

ピックアップ記事

  1. おおらかな人の7つの特徴
    いつも優しくて穏やか、包容力を感じさせるような「おおらかな人」。そんなタイプには、つい頼りたくなった…
  2. 「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】
    職場には上司や先輩、部下など、役職の違う社員の人がたくさんいます。上司や先輩の名前を呼ぶとき、相手の…
  3. 営業でミスしたときの謝罪方法
    仕事のミスでお客様に迷惑をかけたとき、謝罪するのはビジネスの基本ルール。放置しておくとクレームになる…
  4. 日本語には多くの類似表現が含まれます。今回は「大事な人」と「大切な人」の違いについて記述します。「大…
  5. 些細な口論や大喧嘩をするなど、コミュニケーションが円滑に取れず感情的になって、言い争いになってしまう…

ピックアップ記事

  1. 昨今転職は「ブーム」と呼ばれ、誰もが従前より気軽に転職を考えるようになってきましたが、転職は自分の収…
  2. 朝早く起きることができず、ギリギリセーフのタイミングで職場に駆け込むことは誰でも一度や二度は経験があ…
  3. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
  4. 「会社の電話が鳴り、受け答えをしたところ、今日は不在の上司への電話であった」、こんな時はどのように対…
  5. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  6. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
ページ上部へ戻る