タグ:人

  • 営業でアポが取れない人の4つの特徴

    営業マンが売上を上げるには商談の精度を高め契約率を上げる努力も大切ですが、商談の機会が少なければ契約率が良くとも高い売上をあげることはできません。まずは1件でも多くのアポイントを成立させ、商談の機会を増やすことが売上を上…
  • 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なスキルがあります。そのため事務職には適性があるからといって、営業事務職にも同様に適性があるとは限らないのです。ではどのよう…
  • 【嫌われる上司1位】人を見て態度を変える上司に対する部下の心理

    部下から嫌われる上司には、やはり明確な「嫌われる理由」があるケースがほとんどです。ただなんとなく嫌いと言うよりも「ここが嫌い」と嫌われてしまう明確な理由があるということです。そんな理由の1つとして挙げられるのが、「人を見…
  • 仕事を辞めて海外に渡航して成功する人の特徴・準備4選

    日本での仕事を捨てて海外に行き成功を収めたいと考えるなら、生半可な気持ちや準備で臨むことは許されません。事前に学ぶべきこと、やらなければならないことは多々あります。中でも海外で実際に成功している日本人について学ぶことは、…
  • 会社でスピード出世する人の特徴・共通点7選

    出世していく人もいれば、全く頑張っても出世できない人もいます。本人にとっては、時に出世できないことが納得できないという状況になることもあるでしょう。しかし出世できる人というのは、大きな違いが非常にあるものです。そこで出世…
  • 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下を持ち、管理者である課長に昇格するとなると、誰でもなれるわけではありません。課長職はどの会社でも、ヒトの上に立つのに相応…

PICK UP 記事

  1. 2015-11-26

    会社をホールディングスにするメリットとは

    会社の形態には様々なものがありますが、その中でも最近では「ホールディングス」と言う言葉を多く聞くよう…
  2. 2015-10-27

    セクハラ上司の対処方法まとめ

    職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  3. 2015-9-7

    承認と承諾の意味の違い

    「承認」も「承諾」もビジネスにおいてよく用いる言葉でありながら言葉も意味も大変似ていることから、明確…
  4. 2015-11-24

    ワーク・ライフ・バランスの意味と企業が導入するメリットとは

    近年よく聞かれるようになった「ワーク・ライフ・バランス」と言う言葉をご存知でしょうか?ワーク・ライフ…
  5. 2014-12-21

    【衝撃の新事実】仕事中に音楽を聞くと悪影響!?

    あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…

ピックアップ記事

  1. おおらかな人の7つの特徴
    いつも優しくて穏やか、包容力を感じさせるような「おおらかな人」。そんなタイプには、つい頼りたくなった…
  2. 「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】
    職場には上司や先輩、部下など、役職の違う社員の人がたくさんいます。上司や先輩の名前を呼ぶとき、相手の…
  3. 営業でミスしたときの謝罪方法
    仕事のミスでお客様に迷惑をかけたとき、謝罪するのはビジネスの基本ルール。放置しておくとクレームになる…
  4. 日本語には多くの類似表現が含まれます。今回は「大事な人」と「大切な人」の違いについて記述します。「大…
  5. 些細な口論や大喧嘩をするなど、コミュニケーションが円滑に取れず感情的になって、言い争いになってしまう…

ピックアップ記事

  1. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  2. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  3. 会社の形態には様々なものがありますが、その中でも最近では「ホールディングス」と言う言葉を多く聞くよう…
  4. 昨今、各転職サイトがこぞって力を入れてアピールしているのが「非公開求人」です。確かに「当サイトだけの…
  5. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  6. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
ページ上部へ戻る