タグ:ボーナス

  • 【大企業・中小企業別】月額給料から見たボーナス平均額

    従業員に対する待遇において、大企業と中小企業で顕著な差が生じるのが福利厚生とボーナス(賞与)と言われています。では大企業と中小企業に勤めるサラリーマンはそれぞれ平均するとどのくらいのボーナスを受け取っているのか、大企業と…
  • 退職してもボーナス(賞与)が支給されるか確認する方法

    会社を退職した場合、新しい会社へ転職する場合であれ、起業する場合であれ、人生の転換点は何かとお金が必要になります。それだけに退職金だけでなくボーナス(または賞与。以下ボーナスとして表記)も受け取ることが出来るならぜひ受け…
  • ボーナスを貯金に回す割合

    ボーナスの使い道は会社員の人生設計においてとても重大なことであり、また悩ましいテーマでもあります。それだけに人様は受け取ったボーナスをどのように使っているのか、特に貯金へどの程度回しているものなのかとても気になるところで…
  • ボーナス(賞与)の税金を引いた後の手取りをざっくり計算する方法

    毎月の定額給与なら何%程度税金や社会保険で差し引かれているか検討をつけることもできますが、ボーナスとなれば少々話が違ってきますよね。年に二回でそれぞれ同額ではないことも手伝って、多くのサラリーマンがどのような計算方法に基…
  • ボーナス(賞与)前後の転職で損をしないために押さえておくべきポイント

    転職を考える時に気を付けなければならないことは沢山ありますが、そのうちの1つに「ボーナス」があります。転職のタイミング1つで、ボーナスが貰える・貰えないが左右されることは多くあります。もう少しだけタイミングを遅らせればボ…
  • 寸志とボーナスの違いとは

    ボーナスを受け取っている皆さん方にとって、年2回のボーナスシーズンは大変心待ちどおしい時期だと言って良いのではないでしょうか。その楽しみなボーナスですが、会社によっては「ボーナス」という言葉を使用せず「寸志」という表現で…

PICK UP 記事

  1. 2015-9-8

    幸甚の意味と使い方

    お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
  2. 2015-10-5

    100年後も生き残れると思う日本企業ランキング、1位はあの会社

    「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
  3. 2016-4-19

    営業の契約率を高めるために見直すべき4つのポイント

    営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  4. 2015-9-11

    後悔しない転職をするために事前に理解しておくべき3つのこと

    現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  5. 腹黒い人の6つの特徴と対処法

    2017-6-19

    腹黒い人の6つの特徴と対処法

    あなたの周りに「腹黒い」との評価を受けている人はいませんか?あるいは、ある人の腹黒い行動に悩まされな…

ピックアップ記事

  1. おおらかな人の7つの特徴
    いつも優しくて穏やか、包容力を感じさせるような「おおらかな人」。そんなタイプには、つい頼りたくなった…
  2. 「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】
    職場には上司や先輩、部下など、役職の違う社員の人がたくさんいます。上司や先輩の名前を呼ぶとき、相手の…
  3. 営業でミスしたときの謝罪方法
    仕事のミスでお客様に迷惑をかけたとき、謝罪するのはビジネスの基本ルール。放置しておくとクレームになる…
  4. 日本語には多くの類似表現が含まれます。今回は「大事な人」と「大切な人」の違いについて記述します。「大…
  5. 些細な口論や大喧嘩をするなど、コミュニケーションが円滑に取れず感情的になって、言い争いになってしまう…

ピックアップ記事

  1. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
  2. 社会人になると知らないでは済まされないビジネスマナー。普段何気なくかけている電話においても押さえてお…
  3. あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…
  4. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  5. 書類選考という第一関門を突破する上で、履歴書の出来栄えがいかに大切であるかは改めて申し上げるまでもな…
  6. 営業にとって「新規開拓」がとても重要であることは改めて言うまでもありません。しかしながら、大変難度が…
ページ上部へ戻る