無口な人の7つの特徴

現代でも、流動性が低い場所で生きてきた人は警戒心が強く、人見知りの性格の人が多いと思います。その場合には警戒心がとけるまではあまり土足で踏み込まないほうがいいでしょう。迂闊に馴れ馴れしくしてしまうと嫌われてしまいます。

5.意外とマイペース

無口な人の中には、マイペースな姿勢を保ち、話したいときに話すタイプの人もいます。自分の意見を伝えたくなれば意見するし、考え事に夢中のときは、ほとんど話しません。

この手の無口なタイプの人は、その場がどのように進んでいくのか、今後の状況をシミュレーションしようとすることが多く、結果、模擬的に考えたまま、発言せずに終わってしまうことも少なくありません。

無理に意見を引き出そうとしても、台本がないとうまく話せないため、マイペースな人なんだと割り切ってあまり重く考えないようにした方がいいかもしれません。

6.話すより聞く方が好き

会話の中心的存在になって、積極的に話すのが好きな人もいれば、人の話を聞く方が好きな人もいます。無口な人は、もちろん後者に該当します。

他人の話を聞き、情報収集するのが好きだというケースもあれば、自ら話題を提供して会話を盛り上げることにストレスを感じている場合もあります。

また、聞き上手の人は、実は内面ではよく考えていて、話してみると観察眼が鋭く、面白い意見を持っていることも多々あります。二人きりになった時など、会話せざるを得ない状況では、本音を聞いてみると面白いかもしれません。

7.自分に自信がない

無口な人は、自分の発言を周囲がどのように感じ取るか、気にしすぎてしまう傾向があります。自分の率直な意見を伝えることより、他人が同意する意見を求める心理が働くため、自分に自信がもてず、無口になってしまいます。

また人間関係に苦手意識がある場合も、無口になりがちと言えるかもしれません。自信というものは「自信をつけろ」と言われてすぐにつけられる類のものではないので、その人が自信をもって話ができるまで根気強く待ってあげましょう。

無口な人との接し方

無口な人と仲良くなりたいと思っても、なかなか本心を打ち明けてくれないその性格から、関係が深まっていることに実感が持てないこともあるでしょう。そんなときに有効なのは、質問することです。

無口な人は、進んで自己開示することはほとんどなくとも、聞かれたことには素直に答えてくれます。返答に対してリアクションや相槌を打って反応し、相手の話に共感する姿勢を見せることで、あなたへの警戒心を徐々に解いてくれるようになっていきます。

あとは、相手から話を引き出してコミュニケーションを繰り返し図ることによって、距離は確実に縮まっていくでしょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下が仕事を辞める「7つの原因」と「引き止めるポイント」

    部下が仕事を辞めるという時は、部下の心の奥底には退職を決意するだけの、会社に対する大きな不満を持って…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 新規開拓営業で結果を残す4つのコツ・方法

    営業と言う仕事の中で、特に難度が高いと思われがちなのが「新規開拓営業」です。そんな新規開拓営業にも顧…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  2. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  3. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  4. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
  5. 効率的に仕事を進める改善方法と優先順位のつけ方
    他の人は定時に帰宅しているのに、自分だけ毎日遅くまで残業している 仕事が遅いといつも上司か…
  6. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
ページ上部へ戻る