新人指導でイライラストレスを溜めない3つの考え方

新人指導でイライラストレスを溜めない3つの考え方

新人の教育担当になれば、仕事のやり方を教えることはもちろん、社会人としてのビジネスマナーや社会常識、新人を人として成長させる使命が会社から与えられます。

しかし、相手は新人。なかには、やる気やモチベーションがなく「なぜこの会社で働こうと思ったの?」と首をかしげてしまうような部下もいるでしょう。繰り返し説明しても一向に仕事を覚えようとせず、ストレスがどんどん溜まっていく教育担当の方も少なくありません。

ここでは、新人指導でストレスを溜めない3つの考え方をご紹介します。まずは、新人指導があなたの将来を決める重要なファクターになることを理解しておきましょう。

新人指導が上手くいくかどうかで「あなたの評価」が決まる

新人指導は、新入社員に対して、社会人としてのイロハや、仕事のやり方を教える大切な目的を担っています。実際には、先輩社員や上長がインストラクターとして新人社員に対し、指導を行う訳ですが、この出来の良し悪しが会社やチームのパフォーマンスに大きく関わってくることを考えると、新人教育は非常に重要な役割です。

また、新人指導は、若手社員への管理能力の育成という面も兼ねており、上長からの評価基準のひとつとなっている場合もあります。自分が担当する新人社員が仕事を早く覚えれば、自身の手柄として捉えられますが、反対に、そうでなければ、管理職としての適性を疑われたり、下手をすればダメ社員の烙印を押されてしまう事も。つまり、新人育成はあなた自身が昇進できるかどうかを決める登竜門でもあるのです。

確かに、出来ない新人社員を面倒見ることは時間を取られるし、ストレスもたまることかもしれません。しかし、自分の評価や会社の利益に関わってくることから、決して軽く考えず、真剣に新人と向き合い、一人前のビジネスマンに育て上げる必要があるでしょう。

新人指導でストレスが溜まる理由

新人指導でストレスが溜まる理由

新人と接していると、最初は我慢できても次第にイライラが積み重なっていき、ストレスが溜まっていきます。それもそのはず、多くの場合、教育担当は新人の育成指導のみならず、自分の仕事もこなさないといけないからです。集中したいときや、急ぎの用件に取り掛かっているときでも新入社員の面倒を見なければいけません。そこでまずは、あなた自身のストレスが溜まるポイントについて理解しておくことが大切です。

(1)自分の物差しで新人を見ているから

新人の教育指導になるあなたは、きっと仕事では会社からお墨付きの優秀なビジネスマンなのでしょう。若手時代のときも同僚と比較して仕事への意識が高く、自ら考え実行できる能力を持ち、弛まぬ努力ができる方だったと思います。その結果、次のステップである部下のマネジメントを任されたのではないでしょうか。

しかし、優秀なビジネスマンの多くは、若き頃の自分と新人を比較することが原因で、ストレスをため込んでしまう傾向があります。「新人のやる気がない」「仕事を覚える積極性がない」「教えてもすぐに忘れる」「常識を知らない」など、会社で優秀な成績を上げるあなたと新人を比べて接すると、ストレスが溜まっても仕方がないといえます。陸上選手のあなたが、まだ歩くこともままならない生後一歳の赤ちゃんに「なぜ走らないんだ!」と怒るようなもの。あなたの目線で部下と接するのではなく、部下の目線まで降りていくスタンスが大切です。そして、赤ちゃんがどんどん成長していく過程を嬉しく思うように、僅かでも部下の成長を感じたときはともに喜ぶことも大切です。

(2)新人を人として認めていないから

会社という閉鎖的な環境では、職場の仲間に対してもビジネスライクに物事を考えてしまう傾向があります。それもそのはず、会社という上下関係が存在する環境で、そこに所属する社員の目標は、会社から与えられたミッションを達成することだからです。

人とかかわる上で最も基本的であり大切なことは、相手の立場や気持ちを考えること。部下の性格や趣味、これまでどのような人生を歩んできたかを知らないままだと、きっと職場で見せる一面しか理解できません。そうなると、愛着も湧かないし、対応も雑になってしまうもの。もし、あなたの親友と呼べる友人に物事を教えることになれば、きっとより丁寧に説明したり、親友の成長を素直に喜べるのではないでしょうか。ストレスをためない新人指導が上手な人は、部下との付き合い方をよく理解しています。部下に興味を持ち、部下のことを知り、共有する時間を増やすことを心がけているのです。

(3)世代に対する苦手意識を持っているから

学校を卒業してすぐに入ってくる新人社員は、もはや別世代の人間で、今までになかった全く新しい価値観や考え方をする場合があります。新人の言動からジェネレーションギャップを感じることも少なくないでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  2. 「保障」「保証」「補償」の正しい意味・違い

    「保障」「保証」「補償」の正しい意味・違い

    仕事の中でも特に金融・保険関係を取り扱う業務では比較的使う頻度が高いと考えられる同音異義語、「保障」…
  3. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  2. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
  3. 転職の面接試験に臨むにあたって、着用してゆく服装も重要な評価項目であることは改めて申し上げるまでもな…
  4. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
  5. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  6. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
ページ上部へ戻る