自分の糧にできる嫌いな上司との付き合い方7選

仕事をしていると、職場内で嫌いな人や苦手な人が1人や2人はいるものです。そして、そんな嫌いな人に限って、自分の上司になることもあるものです。他の部署にいる嫌いな人であれば、視界に入らないようにする・休憩時間が一緒にならないようにするなどの対処方法がありますが、上司となると基本的には席も近いし、コミュニケーションも頻繁にとらないといけないため、そうは言っていられません。今回は、嫌いな上司との上手な付き合い方7選について解説していきます。

①嫌いな上司は反面教師だと思って学ぶ

嫌いな上司は反面教師だと思って学ぶ

あなたはその上司のことをなぜ嫌うのでしょうか。「時間を守らない」、「話を聞いていない」、「上の意見に従うばかり」など、あげたら切りがなさそうですね。一方、あなたが何年か年下の後輩や部下から同じように「時間を守らない」、「自分の話を聞いてくれない」、「下の意見は聞かず上の意見に従ってばかりだ」と思われている可能性は100%ないといえますか?そうと言い切れないこともあるかもしれません。

自分が良い上司に成長するためにも、嫌いな上司を反面教師として、学ぶ姿勢で付き合うと効果的です。自分自身がやられて嫌なことは、その理由をしっかり考えた上で、後輩に同じ思いをさせないように学びましょう。

②嫌いな上司をお客様という精神で接する

会社の中は利害関係で成立しています。ですから、嫌いな上司のことをあなたのお客様だと考えればいいのです。世の中には、いいことばかり言うお客様ばかりではありません。クレームや難癖をつけられることもあるでしょうし、無表情で感情の動きが分からないお客様もいるでしょう。そんなお客様の満足度が向上し、自分の評価が上がれば、あなたにとってはプラスです。上司のことをお客様だと思って、毎日接してみましょう。

③小さな相談事・トラブルでも相談する

小さな相談事・トラブルでも相談する

「嫌いだ」と思うと、出来る限りかかわらないようにしたり、会話をしないようにという意識になりがちです。しかし、何か相談事やトラブルがあった時に、嫌いな上司と話をしなかったばかりに大事件になってしまっては大変です。トラブル対応のために嫌いな上司と四六時中一緒にいなければいけなくなるかもしれません。

あなた自身が「ほんの些細な相談事」「これくらい小さなトラブルなら自分だけでも解決できる」と判断するのではなく、あなたと、あなたが嫌いな上司のためにも、早いうちから情報共有をして、大事件にならないように未然に防ぐ努力をするようにしましょう。

④上司の気遣いに応えるようにする

会社内での地位が上がれば上がるほど、人間には逃れられないプライドが生まれるものです。嫌いな上司と出来る限り触れ合いたくないために「自分でできます。大丈夫です。」と断ってしまっては、「上司である自分が部下にアドバイスをしてあげようと思ったのに、断るとはなんだ!」とプライドを傷つけ、あなたのことを逆恨みするようになるかもしれません。

嫌いな上司であればあるほど、敵に回してはなりません。後々、面倒くさくなるだけです。「部下は上司が輝くために存在する」や「嫌いな上司に恩を売っておいてちょうどいい」と考えるようにしておけば、嫌いな上司のプライドを傷つけることもありませんし「こいつカワイイ部下なんだよ」と、周囲にあなたのことをほめてくれるようになるかもしれません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…
  2. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…
  3. 【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    ビジネスパーソンの必須アイテムともいえる名刺、会社の新人研修でもまず行われるのが名刺交換のお作法とい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  2. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  3. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  4. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
  5. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  6. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
ページ上部へ戻る