自分の糧にできる嫌いな上司との付き合い方7選

仕事をしていると、職場内で嫌いな人や苦手な人が1人や2人はいるものです。そして、そんな嫌いな人に限って、自分の上司になることもあるものです。他の部署にいる嫌いな人であれば、視界に入らないようにする・休憩時間が一緒にならないようにするなどの対処方法がありますが、上司となると基本的には席も近いし、コミュニケーションも頻繁にとらないといけないため、そうは言っていられません。今回は、嫌いな上司との上手な付き合い方7選について解説していきます。

①嫌いな上司は反面教師だと思って学ぶ

嫌いな上司は反面教師だと思って学ぶ

あなたはその上司のことをなぜ嫌うのでしょうか。「時間を守らない」、「話を聞いていない」、「上の意見に従うばかり」など、あげたら切りがなさそうですね。一方、あなたが何年か年下の後輩や部下から同じように「時間を守らない」、「自分の話を聞いてくれない」、「下の意見は聞かず上の意見に従ってばかりだ」と思われている可能性は100%ないといえますか?そうと言い切れないこともあるかもしれません。

自分が良い上司に成長するためにも、嫌いな上司を反面教師として、学ぶ姿勢で付き合うと効果的です。自分自身がやられて嫌なことは、その理由をしっかり考えた上で、後輩に同じ思いをさせないように学びましょう。

②嫌いな上司をお客様という精神で接する

会社の中は利害関係で成立しています。ですから、嫌いな上司のことをあなたのお客様だと考えればいいのです。世の中には、いいことばかり言うお客様ばかりではありません。クレームや難癖をつけられることもあるでしょうし、無表情で感情の動きが分からないお客様もいるでしょう。そんなお客様の満足度が向上し、自分の評価が上がれば、あなたにとってはプラスです。上司のことをお客様だと思って、毎日接してみましょう。

③小さな相談事・トラブルでも相談する

小さな相談事・トラブルでも相談する

「嫌いだ」と思うと、出来る限りかかわらないようにしたり、会話をしないようにという意識になりがちです。しかし、何か相談事やトラブルがあった時に、嫌いな上司と話をしなかったばかりに大事件になってしまっては大変です。トラブル対応のために嫌いな上司と四六時中一緒にいなければいけなくなるかもしれません。

あなた自身が「ほんの些細な相談事」「これくらい小さなトラブルなら自分だけでも解決できる」と判断するのではなく、あなたと、あなたが嫌いな上司のためにも、早いうちから情報共有をして、大事件にならないように未然に防ぐ努力をするようにしましょう。

④上司の気遣いに応えるようにする

会社内での地位が上がれば上がるほど、人間には逃れられないプライドが生まれるものです。嫌いな上司と出来る限り触れ合いたくないために「自分でできます。大丈夫です。」と断ってしまっては、「上司である自分が部下にアドバイスをしてあげようと思ったのに、断るとはなんだ!」とプライドを傷つけ、あなたのことを逆恨みするようになるかもしれません。

嫌いな上司であればあるほど、敵に回してはなりません。後々、面倒くさくなるだけです。「部下は上司が輝くために存在する」や「嫌いな上司に恩を売っておいてちょうどいい」と考えるようにしておけば、嫌いな上司のプライドを傷つけることもありませんし「こいつカワイイ部下なんだよ」と、周囲にあなたのことをほめてくれるようになるかもしれません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  2. お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    よく考えること、それ自体は大事なことであり必要なことです。しかし、営業のときにお客様が発する「検討し…
  3. 仕事辞めたい人の本音の転職理由と後悔しない6つの転職方法

    仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?そんなことを言うと「甘え」や「逃げ」であると説教をされたこ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならない…
  2. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  3. 昨今ネットでは、有給休暇取得や取得後に関する識者のマナーに関する企画記事が話題を呼んでいます。例えば…
  4. 効率的に仕事を進める改善方法と優先順位のつけ方
    他の人は定時に帰宅しているのに、自分だけ毎日遅くまで残業している 仕事が遅いといつも上司か…
  5. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  6. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
ページ上部へ戻る