理不尽な会社の上司との付き合い方・対処法4選

その際のポイントは、「上司の理不尽さに対する不満」を理由として挙げるのではなく、「環境が変わらなければ、うつ病になりそうだ」等心身の不調を主体的に訴求することです。そうすれば会社側も相談に応じてくれたり、一定の配慮をしてもらえる可能性は高まります。

但し、この方法は会社の組織制度や人事規定によっても対応が異なりますので、この方法を検討する場合には社員側からの「異動」に関する上申が可能かどうか等、就業規則を事前にしっかりと確認しておくことが必要です。尚、社内での部署異動はともかく「転職」は決しておススメできません。職場が変ってもそこに理不尽な上司がいる可能性がある上、場合によっては収入が下がってしまうリスクも高まるからです。従って、現在の上司の下では働けない、職場環境をどうしても変えたいといった場合の最終的手段は転職ではなく社内異動だと理解しておいて下さい。


④上司より上の役職に就く

もし勤めている会社が年功序列制度ではなく実績次第で出世することが可能なら、上司から強いられている理不尽さをバネとしてがむしゃらに働き、仕事で実績を出すこと等によって一刻も早く上司より上の役職へ昇進することです。

目の前の上司の理不尽な振る舞いを嘆いているだけでは、何も状況は変わりません。そうした理不尽さを「なにくそ、負けるものか」と自分を高めるモチベーションのエネルギーに変え、不退転の覚悟で昇進を目指して頑張ることです。その結果昇進できれば嫌な上司とはおさらば出来るだけでなく、場合によってはその上司の上司になれる場合もあります。更には、困難を乗り越えたという自信と年収もアップするという大きな果実を手にすることもできるのです。



以上、理不尽な上司にあたってしまった場合の対処法を、いくつかの状況を想定した上で御紹介しましたが如何だったでしょうか。記事の中でもお伝えしたとおり、上司の理不尽さを嘆くだけでは何も解決しません。どのような方法を選ぶかはともかく、自ら行動を起こすことが現状を変える唯一の方法です。適切な行動を起こせばきっと光は見えてきます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    営業部門の課題としてよくあげられることに「営業担当が受け持つそれぞれの顧客との取引状況が管理・把握で…
  2. 【新入社員必見】使えない部下の7つの特徴

    仕事の年数を重ねたベテラン社員になると、会社の中枢を担う「出世組」といつまで経っても「平社員」の2つ…
  3. 営業マンあるある・職業病まとめ

    営業マンの「あるあるネタ」「職業病」まとめ

    お客様に自社商品を購入してもらうために、あちこちを駆け回る営業職。営業はとても大変な仕事ですが、今回…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  2. ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビ…
  3. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  4. 【ビジネスマン必見】読み間違いしやすい漢字20選
    間違うと恥ずかしい!読み間違いしやすい漢字20選 それでは、ビジネスシーンで使う機会の多い漢字のな…
  5. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  6. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
ページ上部へ戻る