【部下を持つ人必見】嫌われる上司の特徴5選

上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならない場面があります。しかしながら、不要に、或いは過度に部下から嫌われるようなことがあれば、部下とのコミュニケーションに支障をきたし、場合によってはチームの生産性低下を招いてしまうおそれもあります。

従って、不要に部下から嫌われることは避けるべきと言えます。では、どうすれば良いかと言うことですが、そのためにはまず、どのような上司が特に嫌われるのかその特徴を理解することが先決と言えます。

そこで、特に知っておいて欲しい嫌われる上司の特徴をご紹介しますので、ご自身には当てはまらないとしても「他人のふり見て・・」の諺通り、自分がそうした上司にならないよう、改めて留意して頂くきっかけにして頂ければと思いますのでぜひ参考にして下さい。

①責任転嫁する上司

部下へ責任転嫁する上司は、こうしたテーマでのアンケート等でトップクラスの常連と言って良いぐらい嫌われる典型的なタイプです。人間誰しも自分が可愛いものですし、特に自分の責任度合いが実際に乏しい場合等はやはり部下へその責任を押し付けたくなる誘惑にかられます。しかし、部下は上司から「お前の責任だ」と言われることは、それが事実であってもかなりこたえるものです。

まして、自分の仕事が上手くいかなった責任を部下へ押し付けるという行為は、最も嫌われる行為と心得え、決してそのようなことはしないよう厳に留意されることをオススメ致します。

②指示事項がコロコロ変わってしまう上司

所謂「朝令暮改」で指示を変えてしまう上司のことです。部下としては、指示された方針等に則って仕事に取り組んでいたところ、急に方針転換や指示内容が変わることは大変なストレスとなりますし、仕事の生産性を奪うことにもなります。

さて、こうした指示を簡単に変えてしまう上司を嫌われる事例として指摘した場合、「仕事とは本来そういうものだ」だとか「状況の変化に柔軟に対応すべきだから仕方ない」といった抗弁をされる方がいます。

そうした考えも一理あります。ではそれが正しいとして、変更した後、指示や方針を変えられてしまった部下の立場になったフォローや気遣いなどまで不要と言えるでしょうか。

このタイプが嫌われる本当の理由は、実は指示が変わってしまうこと以上に指示を変えても平然としている上司の態度に嫌悪感を感じることだと言えます。従って、やむを得ず指示事項や方針を変える場合は、部下の立場になっての気遣いやフォロー、支援等を忘れないようにして下さい。

③すぐに怒る上司

こちらも昔からの定番と言って良い、嫌われるタイプの代表例と言えます。この点で皆さんが誤解してはならないのは、部下は例えばやってはならないミスをやった場合等叱られて当然の場面で叱られても、皆さんが考えている程不満や嫌悪感を抱いている訳ではないということです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…
  2. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  3. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  2. 転職するとき、内定を獲得するまでの第一関門となるのが履歴書・職務経歴書による書類選考。書類選考では、…
  3. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  4. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  5. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  6. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
ページ上部へ戻る