【部下を持つ人必見】嫌われる上司の特徴5選

上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならない場面があります。しかしながら、不要に、或いは過度に部下から嫌われるようなことがあれば、部下とのコミュニケーションに支障をきたし、場合によってはチームの生産性低下を招いてしまうおそれもあります。

従って、不要に部下から嫌われることは避けるべきと言えます。では、どうすれば良いかと言うことですが、そのためにはまず、どのような上司が特に嫌われるのかその特徴を理解することが先決と言えます。

そこで、特に知っておいて欲しい嫌われる上司の特徴をご紹介しますので、ご自身には当てはまらないとしても「他人のふり見て・・」の諺通り、自分がそうした上司にならないよう、改めて留意して頂くきっかけにして頂ければと思いますのでぜひ参考にして下さい。

①責任転嫁する上司

部下へ責任転嫁する上司は、こうしたテーマでのアンケート等でトップクラスの常連と言って良いぐらい嫌われる典型的なタイプです。人間誰しも自分が可愛いものですし、特に自分の責任度合いが実際に乏しい場合等はやはり部下へその責任を押し付けたくなる誘惑にかられます。しかし、部下は上司から「お前の責任だ」と言われることは、それが事実であってもかなりこたえるものです。

まして、自分の仕事が上手くいかなった責任を部下へ押し付けるという行為は、最も嫌われる行為と心得え、決してそのようなことはしないよう厳に留意されることをオススメ致します。

②指示事項がコロコロ変わってしまう上司

所謂「朝令暮改」で指示を変えてしまう上司のことです。部下としては、指示された方針等に則って仕事に取り組んでいたところ、急に方針転換や指示内容が変わることは大変なストレスとなりますし、仕事の生産性を奪うことにもなります。

さて、こうした指示を簡単に変えてしまう上司を嫌われる事例として指摘した場合、「仕事とは本来そういうものだ」だとか「状況の変化に柔軟に対応すべきだから仕方ない」といった抗弁をされる方がいます。

そうした考えも一理あります。ではそれが正しいとして、変更した後、指示や方針を変えられてしまった部下の立場になったフォローや気遣いなどまで不要と言えるでしょうか。

このタイプが嫌われる本当の理由は、実は指示が変わってしまうこと以上に指示を変えても平然としている上司の態度に嫌悪感を感じることだと言えます。従って、やむを得ず指示事項や方針を変える場合は、部下の立場になっての気遣いやフォロー、支援等を忘れないようにして下さい。

③すぐに怒る上司

こちらも昔からの定番と言って良い、嫌われるタイプの代表例と言えます。この点で皆さんが誤解してはならないのは、部下は例えばやってはならないミスをやった場合等叱られて当然の場面で叱られても、皆さんが考えている程不満や嫌悪感を抱いている訳ではないということです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…
  2. 社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    電話応対に関するマナーを知っておくことは、社会人としての基本中の基本といっても過言ではないでしょう。…
  3. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
  2. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  3. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  4. ビジネスの様々な場面で目にしたり耳にしたりすることの多い「助成金」、その意味をなんとなく分かっても正…
  5. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  6. 履歴書を書く時は様々なことに細心の注意を払わなくてはいけないのですが、その際に年齢に注目してみましょ…
ページ上部へ戻る