上司が怖い原因と4つの対策

上司が怖い原因と3つの対策

職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくありません。しかしながら、話してみると共通の趣味が見つかったり、部下の将来を考えて怖い上司を演じ、厳しく接しているということもあります。今回は上司が怖いときの付き合い方や対策方法をご紹介していきます。


上司が怖い原因

まずは上司のどのような部分が怖いと感じているか考えてみる必要があります。例えば以下のようなものがあります。

上司の話し方が怖い
上司の態度が怖い
上司が厳しいので怖い
上司の顔が怖い
よくわからないけれどなんとなく怖い

どのような部分に特に怖いと感じているか、考えてみましょう。


「上司が怖い」と感じる正体とはなにか

周囲の人に「怖い」と感じさせる人にはいくつか特徴があるようです。

外見が怖い

目が鋭い、表情が険しいなど何かしらの理由で、相手に警戒心を感じさせてしまう顔付きの人はいます。また「とても美しい人」も怖いと思われがちですが、この場合には「バカにされるのではないか」というような心理が働くようです。しかしながら外見が怖いからといって性格も怖い、外見が優しいからといって性格も優しいということはありません。外見で判断することなく、内面を見極める必要があるでしょう。

性格が怖い

性格が怖いと言われがちな人には「厳しい人」「排他的な人」「何を考えているかわからないような自分の意見を言わない人」が挙げられます。これは本人が虚勢を張っている場合もありますが、元々そのような生活環境や文化圏で育ったということが考えられます。また逆に「距離が近すぎる人」を怖いと思う人もいるようです。例えば個人的事情を根掘り葉掘り聞いてくる人、周囲の噂話が好きな人がそれに当たります。

パーソナルスペースの問題

以上をまとめると、もしかすると怖いと感じる理由は人によって異なるのかもしれません。そこで考えられるのが「パーソナルスペース」という概念です。パーソナルスペースが狭い人は人との距離が近いことを好み、人と距離が遠い人を怖いと感じる傾向にあるようです。また逆にパーソナルスペースが広い人は人と距離があることを好み、むやみに距離を近づけようとする人を怖いと感じる傾向にあります。

「怖い」と感じる人を観察すると、その人が持っている理想的なパーソナルスペースの広さがあなたとは異なるものであるということに気づくかもしれません。無理に改善することは難しいので、その「パーソナルスペース感覚の違い」を共有して適切な距離を保つ、ということも対処策の一つとして考えられるでしょう。


上司が怖いときの付き合い方・対策

上司が怖いときの付き合い方・対策上司への恐怖感を克服するには以下のような対策があります。

上司が怖い理由を明確にする

仕事のミスをしたときの怒り方がきついという理由で上司が怖いのか、上司が気分屋の性格のため、コミュニケーションを取るのが怖いのか、また上司の存在感に緊張してしまい、萎縮してしまうからなのか、上司が怖いと感じる理由を明確にすることが第一歩となります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…
  2. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  3. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  2. 就職活動の最難関といえる面接。中途採用の面接で不合格の通知がきてガッカリした経験をしたことがある人は…
  3. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  4. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  5. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
  6. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
ページ上部へ戻る