部下より先に帰る上司の5つの注意点

部下より先に帰る上司の5つの注意点

部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも、いざ上司である自分が、部下より先に帰る時にもいくつか注意しなければいけない点があると気付いていますか?実はあなたが先に帰ることに、部下は不満を感じていることもよくあります。今回は見落としがちなポイントについて解説していきます。

上司が先に帰るときの6つのパターン

まずは上司が先に帰るときのパターンを見ていきたいと思います。

上司が先に帰るときのパターン

  1. アポがあり直帰する
  2. 私用で早退する
  3. 部下に自分の指示した仕事を任せて帰る
  4. 部下が自分の指示ではない仕事をしている時に帰る
  5. 部下が社外に出た状態で、帰社していないが先に帰る
  6. 残業を減らす旗振り役として帰る

中には上司がいつまでも残って残業をしていると、部下が帰りづらいので、さっさと帰ってくれる方がありがたいという意見もあります。でもそれが、上記パターンのどれにもあてはまりそうかというと、部下の視点から見て考えても一概にそうとはいえません。上司にも個人的に抱えている理由や事情があるのは当然であり、決して先に帰ることが悪いといっているのではありません。ただし、部下は上司が思う以上に上司のことを見ているものです。先に帰る上司に対する部下の心理状態や、上記パターンに照らし合わせながら注意点についてみていきましょう。

先に帰る上司に対する部下の心理

先に帰る上司に対する部下の心理

早く帰ってくれた方が、伸び伸び仕事できる

上司がいると監視されているような気持ちがあり、余計な気を使ってしまうため、早く帰って欲しいと思っている心理パターンです。普段の上司の部下に対する接し方に問題があるのかもしれません。ただし、上司が帰ったことで気が緩み、無駄に残業をさせることが常態化するのはよくありません。上司として、部下の仕事の進捗をしっかり管理することをおすすめします。

管理職としての責務を果たしていない

上司は部下の仕事を管理する立場にもかかわらず、部下に仕事を押し付けたまま、先に帰るのは職務放棄だ!という意見は少なくありません。もちろん、仕事が進捗に遅れていなければ、管理職としての責任は果たしていることになるため、問題はありませんが、先に帰るときに部下に伝えるべき必要なコミュニケーションが不足している可能性が高いといえます。

早く帰れるなら仕事を手伝って欲しい

上司が先に帰る姿を見て、部下は「自分は手が空けば声を掛けて仕事を手伝うのに、どうして上司は手伝ってくれないのだろう」と不満を持っている可能性があります。上司と部下の間には上下関係があることは理解していても、持ちつ持たれつであるべきだと思っているのです。先に帰った次の日は「昨日は遅くまでご苦労様、今日は早く帰ろうな」など声を掛けたり、仕事の割り振り方を調整すべきでしょう。

部下より先に帰る上司が注意すべき5つのポイント

部下より先に帰る上司が注意すべき5つのポイント

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 法人営業と個人営業の違い【仕事内容・年収・スキル・大変さ】

    営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  2. 感受性が強い人の5つの特徴

    感受性が強い人の5つの特徴

    あなたは「感受性が強い」と言われたことがありますか?「感受性」を構成する漢字を見る限りでは、何かを感…
  3. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  2. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  3. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  4. 企業の中で所属する課やチームのリーダーになることを「苦手」だと感じる人は多いかもしれません。リーダー…
  5. 転職するとき、内定を獲得するまでの第一関門となるのが履歴書・職務経歴書による書類選考。書類選考では、…
  6. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
ページ上部へ戻る