仕事ができる怖い上司との付き合い方

上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わり方が分からないと悩む方も多いと思います。特に仕事の出来る上司であれば多くのことを学びたいと思うところもありますが、一方でそれが怖い上司だと気軽に相談なども出来ず、その距離感に悩むケースも多いかもしれません。

そこで今回は、「仕事が出来る怖い上司とはどう付き合いっていくべきか」について考えていきたと思います。仕事について沢山学びたいところはあるけれど、怖くてどう近づいていいのかわからない、そうお悩みの方はぜひ参考にしてみて下さい。


怖い上司とは関わりたくない?

正直なところ怖い上司とは関わりたくない、そう考える人が多いのも事実だと思います。誰だって怒られたくはないはずで、そう考えると知らず知らずのうちに怖い上司を敬遠してしまうことはあるかもしれません。しかし一方でそうして敬遠している事は、ビジネスマンとしての自分を考えた時にマイナスとなることも覚えておく必要があります。

会社や人生の先輩である上司から学ぶことは沢山あるはずです。仕事中は厳しく、怒ったり怒鳴ったりすることの多い怖い上司であっても、組織で働く以上は必ず関わりを持たなくてはいけませんし、そこから学びとらなくてはならないことが多くあるのです。怖いから関わりたくない、そう考えるだけでなく、社会人としてビジネスマンとしての成長を考えるのであれば、どのように関わり合っていくのか、どのように付き合っていくべきなのかを真剣に考えてみる必要があります。


仕事が出来る上司から学べる多くのこと

仕事が出来る上司からは、多くのことを学ぶことが出来るはずです。特に上司と言う存在は自分よりも知識や経験が豊富で、そこから学べることは例えば社内マニュアルなどから学べる教科書的なことよりもはるかに貴重なものとなるはずです。自分自身の成長を考えると欠かせないものとなるはずです。

経験の浅い若手社員のうちは「怒られること」も仕事の一環だと考え、厳しい上司に怒られ指導されながら成長していくことが求められる姿であることも忘れてはいけません。怒られることは嬉しいことはありませんが、怖いから関わりたくない、そう考えるより以前に、多くのことを学べ指導を受けられる機会であることを忘れないようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…
  2. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  3. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  2. 学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょ…
  3. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  4. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
  5. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  6. 転職活動を行う場合に鍵となるのが求人情報をどのようにして得るかということですが、求人情報を得るソース…
ページ上部へ戻る