【会社に行きたくない】日曜の夜の憂鬱さを解消する4つの方法

日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん症候群」は、そうした言葉が存在していることからもわかるとおり、決して皆さんだけではありません。ではこうした日曜夜特有の憂鬱さはどうやったら解消できるのか、「日曜日の過ごし方」と「月曜日の過ごし方」という主に二つの視点からその方法をお教えしますので、お悩みの方はぜひ参考にして下さい。


①日曜日にレジャーや親しい友人と過ごす機会を設ける

日曜日の夜になると憂鬱になってくる原因の一つとして、土日の過ごし方が挙げられます。土曜日は翌日も休みであると言う安心感からレジャーに出掛けて、日曜日は明日からの仕事を考慮して例えば起床時間も遅く、家でゴロゴロといった過ごし方をしている方は多いのではないでしょうか。実は、この過ごし方によって日曜日に「1人で考え込んでしまう時間」が生じやすくなることから憂鬱な日曜夜を招いている面もあるのです。

そこで、土曜日と日曜日を基本的に逆転させます。つまり土曜日は家で安静に過ごし、日曜日に親しい友人とショッピングや食事に出かけたり、日帰りできる近場のレジャーに出かけたりするのです。この①を行う上でのポイントは、一人で過ごすのではなく家族や友人と楽しむ時間を共有することと、早めに就寝することです。

そうすれば、日曜日のかなり時間を「一人で悶々とする時間」で占有されずに済みます。また、レジャーで体が疲れていますから、床に入ってから明日のことを思い悩んでなかなか寝付けないといった事態も回避しやすくもなります。


②明日から始まる仕事上の楽しみを考えてリスト化する作業を行う

仕事という言葉は「大変」、「責任重大」、「難しい」といったネガティブな言葉と結びつきやすいことも日曜夜の憂鬱さを招く原因になっていると言えます。従って、月曜日から始まる仕事の中で「楽しい面」に視野を向けてそのことを中心に考えるようにすれば、憂鬱さを大きく緩和することが出来ます。

その具体的方法ですが、日曜日の夜に明日から始まる1週間の仕事の中で楽しみと出来そうなことをよく考えて、そのリストをメモ帳等に書き出すという作業を行うことです。「仕事の中での楽しみ」と聞くと却って難しく考えてしまう方もいますが、硬く考えないようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【新入社員必見】使えない部下の7つの特徴

    仕事の年数を重ねたベテラン社員になると、会社の中枢を担う「出世組」といつまで経っても「平社員」の2つ…
  2. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  3. 無責任な上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    仕事をしない無責任な上司は、苦手な業務や面倒な仕事を、平気で部下に丸投げします。部下に対して、適切に…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  2. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  3. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  4. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  5. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
  6. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
ページ上部へ戻る