【会社に行きたくない】日曜の夜の憂鬱さを解消する4つの方法

日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん症候群」は、そうした言葉が存在していることからもわかるとおり、決して皆さんだけではありません。ではこうした日曜夜特有の憂鬱さはどうやったら解消できるのか、「日曜日の過ごし方」と「月曜日の過ごし方」という主に二つの視点からその方法をお教えしますので、お悩みの方はぜひ参考にして下さい。


①日曜日にレジャーや親しい友人と過ごす機会を設ける

日曜日の夜になると憂鬱になってくる原因の一つとして、土日の過ごし方が挙げられます。土曜日は翌日も休みであると言う安心感からレジャーに出掛けて、日曜日は明日からの仕事を考慮して例えば起床時間も遅く、家でゴロゴロといった過ごし方をしている方は多いのではないでしょうか。実は、この過ごし方によって日曜日に「1人で考え込んでしまう時間」が生じやすくなることから憂鬱な日曜夜を招いている面もあるのです。

そこで、土曜日と日曜日を基本的に逆転させます。つまり土曜日は家で安静に過ごし、日曜日に親しい友人とショッピングや食事に出かけたり、日帰りできる近場のレジャーに出かけたりするのです。この①を行う上でのポイントは、一人で過ごすのではなく家族や友人と楽しむ時間を共有することと、早めに就寝することです。

そうすれば、日曜日のかなり時間を「一人で悶々とする時間」で占有されずに済みます。また、レジャーで体が疲れていますから、床に入ってから明日のことを思い悩んでなかなか寝付けないといった事態も回避しやすくもなります。


②明日から始まる仕事上の楽しみを考えてリスト化する作業を行う

仕事という言葉は「大変」、「責任重大」、「難しい」といったネガティブな言葉と結びつきやすいことも日曜夜の憂鬱さを招く原因になっていると言えます。従って、月曜日から始まる仕事の中で「楽しい面」に視野を向けてそのことを中心に考えるようにすれば、憂鬱さを大きく緩和することが出来ます。

その具体的方法ですが、日曜日の夜に明日から始まる1週間の仕事の中で楽しみと出来そうなことをよく考えて、そのリストをメモ帳等に書き出すという作業を行うことです。「仕事の中での楽しみ」と聞くと却って難しく考えてしまう方もいますが、硬く考えないようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  2. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…
  3. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 年収は、会社から支給される年間の額面給与額のことを指します。実際に給与を受け取ると、額面の金額よりも…
  2. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  3. 仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
  4. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  5. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  6. 企業の中で所属する課やチームのリーダーになることを「苦手」だと感じる人は多いかもしれません。リーダー…
ページ上部へ戻る