給料は低いけど好きな仕事に就いている時の満足度を高める働き方

給料は低いけど好きな仕事に就いている時の満足度を高める働き方

自分の好きなことを仕事にして生活が成り立つというのは、誰もが憧れるビジネスライフですよね。もちろん筆者もそんな生活に憧れている大多数のうちの一人です。

とはいえ、生活するための十分な収入を得られなければ、満足感のある幸せな人生を送ることができません。夢(好きな仕事)を追いかけたい気持ちはあっても、現実(給料)との折り合いがつかず、悩んでいる人もたくさんいることと思います。

また、やりがいのある仕事に就くことができたとしても「仕事は好きだが給料が低い…」と感じてしまうこともあるでしょう。そのような場合、働き方や心の持ちようでジレンマを解消できるものなのでしょうか。一緒に考えてみませんか?

そもそもあなたの好きな仕事の平均年収はいくら?

仕事は業種や職種によって給料が異なります。一般的に、銀行や証券などの金融機関、製薬会社などの業種は年収が高めであり、サービス業・小売・外食業などは低めの傾向があります。

順位 業種 平均年収
製薬 529万円
金融 485万円
メーカー 479万円
IT・通信 479万円
総合商社 454万円
建設・不動産・プラント 421万円
インターネット・広告・メディア 417万円
専門商社 408万円
サービス 379万円
10 小売・外食 363万円

業種別で見た平均年収が高い場合、今はあくまでも通過点ととらえる

あなたがまだ20代であり、若手社員であればどの仕事でも年収は低くなる傾向があります。将来的には周囲よりも高い給料を受け取ることができるため、今は給料が低くても将来につながる助走期間と考えることが大切です。

心の持ち方という抽象的な解決策ではありますが、やはりモチベーションというのはとても重要です。さらに大切なのは、好きな業界、好きな仕事についていれば、着実にその仕事でのキャリア(実務経験)は蓄積されています。

また、仕事に関連する資格を取得するとキャリアアップや給料アップにつながる職業の場合、今は修業期間と考えて目の前の仕事を着実にこなすことをおすすめします。修業時代、アシスタント時代の経験は、将来きっと役に立つと信じることも大切です。

自分の会社は給料が低いけど、他の会社は給料が高い場合

職場のベテラン上司の給料も低いのであれば、余程の成果を上げない限り、あなたが上司の給与を上回る水準を手にすることは難しいといえます。もし、同業他社で年収が高い会社があるのであれば、転職して次の会社に移ることを検討するのもひとつです。

ただし、今の仕事の勤続年数が3年未満の場合、まずは経験を積んでおきましょう。面接はワンチャンスです。自分に自信が持てるような実績を上げたりしてキャリアアップしておくことが、転職するためには必要です。

転職を考えたい人は「転職サイトの人気おすすめランキング」を見て、まずは人材紹介会社に登録しましょう。

上司に給料交渉をする

仕事は好きだが今の給料水準に納得できない場合は、上司に打診するのもひとつです。優秀なビジネスマンは自身の市場価値を見極めた上で話をします。

伝えるときは「生活できないから給料を上げて欲しい」といったり、感情的になって交渉するのはNGです。冷静に自分の実績を伝えるのはもちろん、「今後仕事で更に実績を上げるから給与を上げて欲しい」と伝えることが基本。

勉強して給料がもらえると割り切ることも大切

給料は低いながらも好きな仕事につけている。好きなことをしながら給料をもらえているのは、生活のために好きでもない仕事についている人から見ればうらやむべき状態にあると言えるでしょう。

大抵の人は好きなことをするためにお金を払っているのです。それに比べて自分は何と恵まれていることか!そんな仕事に出会え、続けられている自分の今の環境に感謝する心も芽生えてきますよ。

仕事はつまらないが給料が高い状態を想像してみる

好きなことと仕事をキッチリと分けている人もいます。仕事はあくまでも収入を得る手段と捉える場合、ポイントは給料の高さであって、好きとか嫌いとか面白いとかつまらないとかは関係ない。割り切った仕事をして良い給料をもらい、そこから生じた余裕で好きなことをするという考え方です。好きなことは好きなこととして純粋に謳歌したいという主義ですね。

好きな仕事をしたい人は、生活の大部分を占める仕事の時間だからこそ好きなことをしたい、いくら給料が高くても好きでもない仕事はしたくないと思っているのではありませんか。

仕事のウエイトと求める価値観が根本から違うわけです。共感しろとは言いませんが、もし自分が収入第一主義の生活をしたらどんな感じか想像してみることも大事です。そこから「やはり自分は仕事が面白くないとやっていけない」という考えを再確認して、好きな仕事を続ける意思を強くできるかもしれません。

ダブルワークで生活を支える

好きな仕事だけれども、生活にならないくらい給料が低い場合は、純粋にお金を得るためにアルバイトをするという選択肢もあります。お笑い芸人の下積み時代、雑誌連載をもらえない漫画家など、「売れる前はこんなアルバイトをしていた」などの話はテレビ番組などでよく聞くエピソードですね。

ただしこの方法は永遠に続けるわけにはいきません。最終目標は、好きな仕事で成功して生活できるようになるというのが前提です。芸能界や芸術方面などは一攫千金が狙えますが、あなたの好きな仕事はどうですか?もし業界や会社の特徴として将来的にも収入アップの可能性が無いのだったら、この方法は適していません。それに体力も必要ですね。生活のためのアルバイトで時間と体力を使い果たしてしまえば本末転倒というものです。

嫌いにならないように見切りをつけることも時には必要

「愛はお金を生まないけれど、お金は愛を生むかもしれない」
「世の中たいてはお金でなんとかなる」

世知辛い言葉ではありますが、この発言に対してそんなことはない!と言い切れないのが現代社会。お金が元で人間関係がこじれたり、教育が受けられなかったり、十分な病気の治療が受けられなかったりというのはよく聞く話です。

そしてこれは仕事にも当てはまるかもしれません。好きな仕事だけれども給料が低くてやってられない、そんな不満の果てに、ついには好きだった仕事が嫌になってしまうこともあるかもしれません。だとしたら、好きな物を嫌いにならないように、どこかで見切りをつけることも必要になるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業が楽しいと感じる6つの瞬間

    営業の楽しい・辛い理由を大公開!向き不向きを判断する6つの特徴つき

    会社の最前線でお客様との窓口役となる営業マン。正社員として働いた経験のない、就職活動中の学生の皆さん…
  2. ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

    ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

    「ミシュランガイド東京2016」でラーメン店としては世界初の一つ星を獲得した「Japanese So…
  3. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  2. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  3. 営業職に限らず様々な職種にはそれぞれ「適性」というものがありますが、その適性の有無を最も大きく左右す…
  4. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  5. 同業他社や他業種と比較しても、給料水準が非常に高いと言われている野村証券。日本を代表する證券会社では…
  6. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
ページ上部へ戻る