好印象を与える新入社員のスーツの選び方

無事に就職活動が終わり、新入社員として心機一転頑張るために、新しいスーツを購入する人はいるでしょう。そんな時にどのようなスーツを選びますか?かっこいいサラリーマンが着用しているストライプやボーダー、明るい色のものなどに憧れてしまう気持ちはわかりますが、新入社員のうちはそういったおしゃれは我慢しましょう。

最初はまじめで清潔な印象を与えることで、会社や相手の信頼を勝ち取ることを優先させるべきではないでしょうか。そのために、ここでは好印象を与えるスーツの選び方について紹介します。


スーツの色について

スーツまずスーツの色について、あまりに華美なものは避けるようにした方が良いです。はじめから明るい青や紺といったスーツを着用してしまうと軽い印象に見られてしまい、あまり信頼されなくなったり、悪い印象を与える可能性があります。

そのため、最初は暗い紺や黒といった落ち着いた色にするとまじめで誠実な印象を与えることができるでしょう。また、暗い紺と黒など、2着用意しておくと状況に応じて使い分けることができ、大変便利です。この色は女性も同様で、最初は紺や黒といった暗めの色にするとよいでしょう。


スーツの柄について

スーツの選び方スーツの柄はできる限り無地のものを選ぶようにしましょう。ストライプなどの柄付きのスーツを選んだ場合、悪目立ちしたり、年齢に合わないような印象を与えるため、清潔感やまじめさをイメージさせる無地を選択します。女性の場合は少し変わってきて、あまり目立つような色合いでない限り、ストライプでもあまり問題はないですが、最初は避けた方が無難です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…
  2. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…
  3. テレアポのコツ10選【法人営業編】

    法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  2. 個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接…
  3. 就職活動の最難関といえる面接。中途採用の面接で不合格の通知がきてガッカリした経験をしたことがある人は…
  4. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  5. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  6. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
ページ上部へ戻る