成功していてもダメな人に共通する2つの特徴

ビジネスマンである以上、企業の利益を追求するのは当然です。ですが利益を積み上げることができても、本当の意味での「成功」と「お金持ち」の差は非常に大きいといえます。では、その違いはどのような考えの差から生まれるのでしょうか。今回は、成功していてもダメな人の特徴についてご紹介していきます。

①自分の利益しか考えていない人

まず最初に挙げられるのは、自分の利益しか考えていない人です。いつまでたっても自分の利益ばかりを追求する人は、次第に周りの人からの信頼を失い、誰からも支えられなくなります。基本的に、他人の利益のことを大事に考える、「利他」の精神を持った志の高い人に周囲の信頼は集まります。事業がうまくいっている間は気づきませんが、傾いたタイミングで、簡単にトップから引きずり下ろされてしまうでしょう。

もちろん、ある程度の出世欲や物欲など、自分の生活を豊かにしたいと思う気持ちは、誰もが自然に抱く感情であり、それが原動力となって成功を収めることもあります。ですが、周囲から「成功者」と認められる立場になれば、利益を追いかける段階は終わったと考えるようにしたいものです。その先は、自分の能力が、社会をどのように良くできるかを考えるべきでしょう。これまでの成功自体、自分を支えてくれた周囲があってこそできたものであり、今後は恩返しの気持ちを行動で表さなくてはなりません。

②プライドが極端に高い人

自分の利益しか考えていない人だけでなく、プライドが極端に高い人も要注意です。プライドの高さは感性を鈍らせ、鈍感となり、自分の「肩書き」に人が集まってきていることに気がつきません。そして自分が人間的に偉くなったと勘違いをしてしまう傾向があります。そのような状況で事業が傾くと、肩書きを目的に集まっていた人たちは潮が引くようにいなくなってしまうでしょう。

またプライドが高ければ慢心から、人間的な魅力を磨くことを怠り、周囲の人からも悪い噂が立ち、ビジネスにも悪影響が出てしまいます。どこかで利己的な気持ちを捨てられなければ、成功者もつかの間、すぐに引きずりおろされてしまいます。

さいごに

本当の意味での成功をつかむためには、利己的な気持ちだけでは限界があります。その理由は何度もお伝えしているように、周囲の人の協力を得ることができないからです。ビジネスは一人で行うものではありません。商品・サービスを提供した人々の幸せや、社会貢献などの大きな目標を成し遂げる志が、人間的な魅力を磨き、事業をより大きくするための機動力をもたらします。成功者ではなく、ただのお金持ちで自分を終わらせないためにも、利他の精神を磨いてステップアップを目指してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 久しぶりの相手に送るメールの書き方【例文】

    久しぶりの相手に送るメールの書き方【文例付き】

    日常でやりとりするプライベートのメールと違って、独特のルールがあるビジネスメール。冒頭の挨拶文と文末…
  2. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…
  3. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  2. 体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった…
  3. 「あれ、そろそろ就業時間なのに、あいつまだ出社してないな。」 「まさか、また遅刻…!?」 給料…
  4. 日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが…
  5. 転職について様々な角度から考え、情報発信している当サイトで今回取り上げるテーマは「今の職場で出世でき…
  6. 社会人になると知らないでは済まされないビジネスマナー。普段何気なくかけている電話においても押さえてお…
ページ上部へ戻る