成功していてもダメな人に共通する2つの特徴

ビジネスマンである以上、企業の利益を追求するのは当然です。ですが利益を積み上げることができても、本当の意味での「成功」と「お金持ち」の差は非常に大きいといえます。では、その違いはどのような考えの差から生まれるのでしょうか。今回は、成功していてもダメな人の特徴についてご紹介していきます。

①自分の利益しか考えていない人

まず最初に挙げられるのは、自分の利益しか考えていない人です。いつまでたっても自分の利益ばかりを追求する人は、次第に周りの人からの信頼を失い、誰からも支えられなくなります。基本的に、他人の利益のことを大事に考える、「利他」の精神を持った志の高い人に周囲の信頼は集まります。事業がうまくいっている間は気づきませんが、傾いたタイミングで、簡単にトップから引きずり下ろされてしまうでしょう。

もちろん、ある程度の出世欲や物欲など、自分の生活を豊かにしたいと思う気持ちは、誰もが自然に抱く感情であり、それが原動力となって成功を収めることもあります。ですが、周囲から「成功者」と認められる立場になれば、利益を追いかける段階は終わったと考えるようにしたいものです。その先は、自分の能力が、社会をどのように良くできるかを考えるべきでしょう。これまでの成功自体、自分を支えてくれた周囲があってこそできたものであり、今後は恩返しの気持ちを行動で表さなくてはなりません。

②プライドが極端に高い人

自分の利益しか考えていない人だけでなく、プライドが極端に高い人も要注意です。プライドの高さは感性を鈍らせ、鈍感となり、自分の「肩書き」に人が集まってきていることに気がつきません。そして自分が人間的に偉くなったと勘違いをしてしまう傾向があります。そのような状況で事業が傾くと、肩書きを目的に集まっていた人たちは潮が引くようにいなくなってしまうでしょう。

またプライドが高ければ慢心から、人間的な魅力を磨くことを怠り、周囲の人からも悪い噂が立ち、ビジネスにも悪影響が出てしまいます。どこかで利己的な気持ちを捨てられなければ、成功者もつかの間、すぐに引きずりおろされてしまいます。

さいごに

本当の意味での成功をつかむためには、利己的な気持ちだけでは限界があります。その理由は何度もお伝えしているように、周囲の人の協力を得ることができないからです。ビジネスは一人で行うものではありません。商品・サービスを提供した人々の幸せや、社会貢献などの大きな目標を成し遂げる志が、人間的な魅力を磨き、事業をより大きくするための機動力をもたらします。成功者ではなく、ただのお金持ちで自分を終わらせないためにも、利他の精神を磨いてステップアップを目指してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…
  2. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  3. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
  2. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  3. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  4. 職場で人気者になる人の8つの特徴
    あなたの近くにも、いつも周囲が集まる「人気者」の人はいませんか。明るくポジティブで、彼の周りにはいつ…
  5. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  6. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
ページ上部へ戻る